半熟三昧(本とか音楽とか)

半熟ドクター(とはいえ気がつくと医師20年選手だけど)の読んだ本とか音楽とか

『鬼滅の刃』最終巻に来て少年漫画であることを思い出させてくれた。

オススメ度99点
アツい度 1000点

鬼滅の刃』堂々の完結である。
(ネタバレ的なことは書いてはいませんが、一切の事前情報を廃して読みたい人は読まないでください)

敵の首魁、鬼舞辻無惨との最後の戦いはなかなか長く、将棋というよりはチェスのような、登場人物を一方的にすり減らしてゆくような凄惨な戦いではあった。
コミックスの次巻が待ち遠しく、12/4の発売、Kindleでは0:00になると配信されるので深夜さっそく読んでみた。

しかしまさかここまでの国民的現象になる漫画に化けるとは思わなかったな。

halfboileddoc.hatenablog.com

最終話は連載時に話題になっていた。いきなり現代に舞台が変わる。
その時は今ひとつピンと来なかったが、続けて読むとなんとなく得心がいった。

あの最終話は、少年漫画としては必要だよなあ、と思った。
大人として、もうちょっとリアリティのあるダークファンタジーとしてはそこは必ずしも要らないのかもしれない。
いささか子供っぽい後日譚のようにも思えるのだが、だがこのお話は、少年漫画なのである。
少年漫画が少年漫画らしい矜持をもって描いた最終話と思うと、しっくりと胸におさまる。
逆にあの最終話があってこそ、1巻から23巻までのお話すべては少年漫画だったのだよなあと考えなおさせてくれたようにさえ思う。
大人を対象にしているのではない、ということを、ここまで国民的大ヒットになった今、改めていいたい。
*1

胸激アツな余韻を残してすっと終わったのはジャンプ史上まれにみる大英断だったと思う。
こんな右肩上がりの熱狂のなかできちんとストーリーを終わらせられるんだ…とかなりびっくりした*2

胸算用をすればそれによる機会損失は100億ではきかないかもしれないけど、物語を物語の強度を保ったまま終わらせるのは作者の権利だ。
煮込み料理も、煮込み続けたら崩れてグズグズになってしまう。
ほどよいタイミングで物語を終わらせることは、案外難しい。
過去どれほどの名作が、煮込まれ続けて蛇足を産み続けてきたことだろうか。

*1:主人公を初めとした登場人物も、ハイティーンであり、極めて狭い人間関係の中で生活している。その後の「大人」の生活は一切描かれていないけれど、皆がその当時の馴染と添い遂げるわけでもあるまい…と大人なら考えてしまうけれど、少年漫画の純真さと考えるなら許せてしまうように思うのだ。

*2:作者の意向も大きかったようだが

『寛容力のコツ』

オススメ度 80点
次には行かない度 80点

寛容力…ねえ…
寛容であろうとする人、というのは、自分で自分のことを「寛容ではない」と思っている人のことだ。
『スタミナ定食』は、スタミナ不足だな、と思っている人が食べる。スタミナ有り余っている人はそんなの食べない。

  • 「不寛容」な気持ちは、敵から身を守ろうとする反応
  • 人に寛容であるためには自分にも寛容である必要がある
  • 「寛容」でなくなると、どうなるか(略)
  • 「疲れ」と「経験」が人をイライラさせる。疲れるとストレス耐性が落ちる。
  • 寛容力が落ちている状態は、プチ「うつ」と言ってもいい。
  • 疲労の三段階(略)
  • 疲労が溜まっている時は三日間集中して休むなどして疲労を回復するのが第一。
  • 我慢は被害者意識を増幅させる、我慢は破綻しやすい。
  • 「真面目ないい子」は他人にも自分にも厳しい
  • 「不寛容」であると感じた瞬間は、チャンス
  • 職場や夫婦間は「役割の戦場」(この仕事は自分の仕事ではないという役割を担う我慢の押し付けあい)
  • 物事の捉え方をかえる:考え方を変えるのではなく、視点を変える
  • 怒りの感情を特定の相手に決めつけてしまわない。(おそらく怒りの原因は多数の要因の重複)
  • 誰かに対してイライラした態度を取ってしまったといった記憶は「罪悪感」として記憶に刻まれる
  • ネットは心を不安定にする

「怒り」「疲れ」「イライラ」という誰にでもよくある感情のコントロールの方法を、手際良く書いてある。
対処法などに異論はない。が、出典は全く示されていない。
なので同様のストレス・コーピングの本などを複数買って比較したり、位置付けやネットワーク化はできないのは難点。
専門家が参考図書の一つとして読むにはちょっと、そういう点で不親切(というか、アカデミアの作法からは外れた本であること)。

内容は、レジリエンスとアンガーマネジメント、セルフ・コンパッションなどのエッセンスを混淆したようなものだと思う。
その意味で悪い本ではないのだが、ちょっとそういう点が気になった。

『皇帝たちの中国史』

オススメ度 80点
中立の視点で軽くDisる度 100点

皇帝たちの中国史

皇帝たちの中国史

国史の研究者による、中国の歴史の概括。

中華文明の成り立ちや中国人の縁故社会の成因などについて、研究者の視点で、口語でわかりやすく語っている。

後漢から三国志(魏呉蜀)時代で、人口が10分の1になっていることなど。
孔子
貧困からなる盗賊集団など「野蛮人」で、それなら「異民族」の方がまし、という発想。
王朝交代で、周辺民族と結託し、中央に引き入れる形で王朝交代がなされるという歴史の理由。
地方の統治は、請負制。中央からは経費も出さないが、徴税の制度も自由。
広大な平野なので、旱魃になると、大規模な旱魃になる。
洛陽・長安は東西南北の交通の十字路、商業の中心地として栄えたが、農産物が豊かに収穫できる地域ではない。

歴史的事実を教科書的に羅列する、というよりは、現代中国人の思考様式のルーツになるような中国の歴史上のイベントにおける思考様式を紹介しているような感じ。
面白いし、おそらく事実なんだが「中国人ってこういう考え方をしているんですよ!」というやつは、いわゆる嫌韓・嫌中の人たちの言説のリソースになっている点でいささか気に掛かる。(この本はそういう嫌中本ではないのだが、援用されてしまいそうな危うさがある)

MacBook Air 2020 (M1 chip)

オススメ度 100点
感動度 100点

リンゴ病は、伝染する。
私はどちらかというとアンチアップル派だったのに、今では、MacBookiPad Pro+iPhone 11 pro+Apple Watchという風に、使えるアップル製品は使う重度のリンゴ病になってしまった。
hanjukudoctor.hatenablog.com
(昔アップル野郎になってしまった際の慨嘆)

アップル製品は、デバイス間の連携がやはり楽だ。
また、趣味の音楽に関してはあまり細かい設定をせずに使えるところが、やはり便利だとは思う。

若い頃に重視していたテクノロジーとかスペックとかは、結局使っている人間にはあんまり関係なくて、結局GUIとか操作感が、もっとも製品の満足度に関係するのだ。そこにとりわけ注意を払っているAppleが、ハイエンド市場を支配するのも無理はない。

* * *

今回この Macbook Airを買い替えたのは、家庭内の事情による。
息子が角川ドワンゴ学園がやっているN中等部(エヌチュウ)を受講することになった。
(我が息子は小学生ながら、プログラミングであったり3Dレンダリングであったり、一眼レフで写真を撮って個展とか開いちゃったり、RAW現像とかしちゃったりする奴なのである)
N中はマックが必須らしいんですね。
なので Mac book Airよこせ→じゃあお父さんは新しいやつに買い換える。という流れとなったのだ。

下馬評で、Appleシリコンがどうやらスゲーらしいというのは聞いていたので、若干ワクワクもしつつ購入した。
メモリは8Gのまま、ストレージを 1TBにやや増やしたものにして、購入。

M1 chipのMacBook AirについてはYoutubeの紹介動画などで興奮気味に語られているので、それを参照されたし。
個人的にはMacBook Air(2018)からMacBook Airの換装は、USB-Cでふたつを繋いで、数時間放っておいたら、ほぼほぼ問題なくできたので、
期待していたワクワク感は、正直あまりなかった。
(これはこれで、スゲーことだとは思うが)




そもそも、私はマシンスペックを限界まで使うようなシチュエーションがほとんどないのだ。
チップの高性能を堪能するような状況にはなかなかならない。かといって、高負荷なタスクをMacにわざわざ与えて…みたいに新しいMacを堪能するような時間もそれほどはない。

だから、使用感は正直わからない。キーボードは少し使いやすくなっている感じはある。
また、GUIiPadiPhoneっぽい感じに寄せられていて、面食らうこともない。
まあ、いいマシンだと思いますよ。

オッサンが、BMWとかスポーツカー購入して満足しているようなものである。
そりゃ高性能の車は嬉しいけど、あんた200キロも出さんでしょ。みたいなものだ。
私も、社内原稿を書いたり、このブログとかぽちぽち書いたりとかだ。
マシンを変えたらスラスラと名文が生み出されるのなら、いいのだが、そんなわけはない。

しかも今回はBMWから新しいBMWへの買い替えである。
初めてBMWに乗った時の感動とは比較もできないと思う。*1

ちなみに旧型を譲り受けた息子はウキウキでいろんなアプリケーションを入れたりしている。
息子にとって初めてのマック。喜びは格別だろうな。

*1:BMWは買ったことないですけどね。スポーツカーが似合わない性分なんですよ

『望遠ニッポン見聞録』ヤマザキマリ

オススメ度 90点
うんうん度 100点

テルマエ・ロマエ』で有名になったヤマザキマリ
学校卒業してからすぐヨーロッパに渡り、画家になり、そこからエッセイ+漫画家になっている彼女。
国際的な視点が豊かなコスモポリタンである。
年代としても、自分と大きくは変わらないようで*1、「気があうなあ」という感想を抱く。

本としては、不思議の国、ニッポン。byポール・ポネ、みたいな感じの『日本人てここが不思議』みたいなやつ。

この手の『床屋政談的比較文化論』って、

  • 日本に住んでいる外国人が、日本人のことを語る
  • 海外在住の日本人が、「〜では」とその国(大方日本人が憧れる欧米に在住)の「出羽守」となって語る

というパターンが多いのだけれど、
ヤマザキマリは『長く海外に住んだ日本人が、日本人のことを再評価する』という視点。
この視点は、なかなかないよね。
村上春樹の紀行文か伊丹十三のエッセイが、読後感が近いかもしれない。

ただヤマザキマリさんの文は角がたたない。
そう、ヤマザキマリさんって、淡々としているけど包容力があるよね、と思う。
人柄を感じさせ(別にすげーいい人でもないと思うが、悪い人でもない、自分を偽らない感じ)安心感がある。

怒られるなら、こういう人に怒られたいなと思う。上手に淡々と怒ってくれそうだ。

個人的には、『トレーディングカード』にはまった息子に、教育上あんまりなあ……といって、オリジナルトレーディングカードを作ってやる話がツボでした。(蚤の市で、意外に売れた結末なども笑)

*1:と思ったら7歳年上だった。若さと円熟さが混在している年代ではある

『A子さんの恋人』第7巻(完結)

オススメ度 100点
見事! 150点

A子さんの恋人 7巻 (HARTA COMIX)

A子さんの恋人 7巻 (HARTA COMIX)

噂にはなっていたが読んでいなかった『A子さんの恋人』を読んだ時に「これはえらいものに触れてしまった」と思った。
ぶっささる、えぐる系の、丁寧な恋愛心理描写。
halfboileddoc.hatenablog.com

ハチクロもそうかもしれないけれど、クリエイティブなものへの憧れであるとか、恋人との距離感、「好き」という感情への対応であるとか、まあ美大をとりまくあれやこれや、ではあるけど、普遍性もあり、なんというか、青春のあれやこれやがずんずんとえぐられる。

今回7巻で完結。表題で名前を『A子』という無名性のところに落とし込んでいる秘密が明かされたり、主人公の葛藤やすれ違いの種明かしがされたり、見事な完結の仕方だった。寓話的なことでいえば名前を取り上げられた人が名前を取り返すお話であったり、物語によって現実の人物が救われる話であったり、むしろ構成美さえ感じられる大団円(というにはほろ苦かったりもするけれど)だった。

自分の経験でいっても、青春時代に自分の中で解決できずにそのまま心の奥底に閉じ込めた恋愛というのがあるけれども(いくつかはその後解決、というか宥和できるチャンスはあったかもしれないが、そう人生うまくはいかない)、こういう形で決着と訣別ができるというのは、とても残酷であり美しいことであるなあと思う。人を好きになることの、つらさと素晴らしさ。切ねえ。切なすぎる。

うん、これは万人のこじらせ男子・女子にオススメしよう。

『12歳からはじめよう 学びのカタチ 優くん式「成績アップ」5つの秘密』佐藤優・西原理恵子

オススメ度 90点
似顔絵にイデアが含まれていないぞ感 100点

数ある読書術の中で、佐藤優のものが、現時点で僕の中ではもっとも評価が高い。
halfboileddoc.hatenablog.com

甘えのない努力、というのが佐藤優氏の基本姿勢。
読むと、背筋が伸びるというか居住まいを正されるというか、そういう自分への厳しさを感じる。

そんな佐藤優氏が、子供へ学習法を解く本。


・意味を理解することがこれからの時代とても大切
・インプットとアウトプットのバランス
・時間管理術、スケジュールをノートに書き出す
・7掛け2割増しの法則(面白いので是非購入して参照されたし)
・主要科目5教科はすべて音読した方がいい
・出口汪の新日本語トレーニング→読解力のない大人にもいいかもしれない
・英語は毎日勉強する必要がある
・本を読もう
・インテレクチュアルよりはインテリゲンツィアになれ

さすがに子供向けなので、ハードは雰囲気はなく、優しい語り口で、いいこと言うてはる。
勉強の集中の仕方や、スケジュールをたてて戦略的に動くやり方など、あまり子供が知らないビジネスTipsみたいなやつも取り入れている。
うん、子供に読ませてもいい本かもしれない。リアル書籍で一冊買おうかな……

今回に関しては西原女史のイラストは、あまり本文との相乗効果が薄い感じはある。ちょっとやっつけ感が強い。
あと、西原氏は今まで数ある「ええ顔」の文人達を容赦ないデフォルメでキャラクター化してきているが、これについては、西原キャラクター的には毒がびっくりするほど少なくて、ちょっと違うんじゃないかと思った。