半熟三昧(本とか音楽とか)

半熟ドクター(とはいえ気がつくと医師20年選手だけど)の読んだ本とか音楽とか

『女系図でみる驚きの日本史』

ちょっと前から橋本治の『双調平家物語』を読んでいる。
文庫でもKindleでもいいのかもしれないが、単行本の装丁があまりにも美しかった記憶があるので、古本で単行本を買っている。
ただ、今5巻まで怒涛の勢いで読んだのだが、「保元・平治の乱」になる前に、力尽きてしまった。
なにしろ、『双調平家物語』は異常。平家物語いうてるのに、一巻は古代中国の則天武后の話で、2巻以降は蘇我入鹿から始まって平安時代まで古代日本の権力構造の成立までのプロセスが延々と語られる。平家物語いうてるのに、平家までなかなか辿り着かない。

「うなぎ懐石」セットを注文して、最後の「鰻重」が出てくる前にお腹いっぱいになってしまったような感じである。

そんな橋本治が、『双調平家物語』書いた際に調べたことをちょろっとまとめて書いたのが、
halfboileddoc.hatenablog.com

今回の本は、それとは関係ないけど、バックグラウンドはこのあたり。
著者は早稲田文学部を出た人。女系の系図を作るのが趣味という、まあはっきりいってしまうと、ある種の変態。というと語弊があるが、婚姻によって形成されていた日本の歴史にもうちょっと自覚的になれよ、という話。

  • 系図を描いてみると、蘇我氏も平家も滅びてなどいずに、しっかり政権の中枢におさまって繁栄している。
  • 子供は(もちろん父親の家柄は必要条件ではあるが)「母の家柄」によって厳然と区別・差別される(「外腹」「劣り腹」なんていう言葉もあった)

男は妻がらなり(男は妻の家柄しだいだ)。いとやむごとなきあたり(非常に高貴な家)に婿として参るのが良いようだ

  • 紫式部は『尊卑分脈』に「御堂関白道長妾」と記されているのは有名な話
  • 院政時代に「男色系図」 院政時期に男色が盛んになった(天皇の母方が力を持つ外戚政治から、天皇の父(院)が力を持つ院政にスライドしても、性の力で政治を操る発想が生きていたからではないか
  • 貴族は近親姦だらけ
  • 江戸時代では外戚ができないような仕組みづくりになっていた

など、日本史の研究者的には当たり前なのかもしれないけれど、一般にはあまり知られていないことを、この目線で切り取って描いてくれるのは、非常に面白いですね。うんちく系の在野のおじさんにはちょうどいいのかもしれない。

『猟奇王』川崎ゆきお

ちょっと前、『独居老人スタイル』にでていた漫画家、川崎ゆきお氏。

貸本時代の水木しげるに憧れてか、ガロに投稿するようになった。
その辺りのいきさつは『独居老人スタイル』に詳しい。

あまり人間関係の人的資本に恵まれるタイプでもない川崎氏はしかし、商業的には成功しないまでもミニマルな生活で生き残り、漫画で身を立ててゆく。
すごく画力があるというわけでもない川崎氏は、早くからデジタル化に着手していたり、いろいろ彼なりの工夫がみえる。

猟奇王」。まあいうなれば、可愛くない怪傑ゾロリ、みたいなものか。
立体感はなく、紙芝居的な書き割りではあるが、素朴な味わいがあるなあと思う。

水木しげるというよりつげ義春っぽいなあと思った。

なんか方向性がかわってきた『こづかい漫画』と『ひとりで死にたい』

この二つの漫画については、過去にも取り上げた。相当衝撃的だったからだ。

まずは、小市民のお父さんの小遣いの話からはじまった『定額制夫…(以下「こづかい」とする)』
halfboileddoc.hatenablog.com
初めて出た時は割と悲鳴が上がっていたよなー。


一方、毒舌漫画&エッセイのカレー沢薫の『ひとりで死にたい』
halfboileddoc.hatenablog.com

どちらも相当に面白く、特に『定額制夫の…』はSNSで相当話題になった。
『ひとりで死にたい』もカレー沢のシニカル&ナンセンスな作風が、割に真面目な社会派的な着眼点で、その掛け合わせがとても新鮮だった。

しかしこの二つ、巻を重ねるごとに話が割に進み出してゆき、もはや当初のアイデアの面白さからだいぶ離れてきている。
それはつまらなくなったかというと、全然逆で、深みがでてきたのだ。

結局のところ『こづかい』は、一言で言うと「制限のある人生で、どのように幸福や満足を最大化するか」という話。
つまりはライフスタイルの問題を描いている。最近紹介されるこづかいさん達は、少ないお金でどれだけ満足度を最大化するか、みたいなのが多くて、そこには悲壮感も貧乏ったらしさもなく、抑制と解放、緊張と緩和がみずみずしく描かれていて、むしろ心地いいくらいだ。

『ひとりで死にたい』も出発点こそ孤独死や老後の、ネガティブな話だったが、結局のところ、主人公である若者世代の普段の生活、そのお財布事情やライフスタイルの話に行きついており、「我が事」の悩みを等身大で悩む、非常にリアルなドラマとなっている。若干教条臭は『こづかい』より強いが、これは作者が、この問題に対して情報収集・取材で得た知識を開陳しているからだろうと思う。そこに嫌味ったらしさはなく、素直な驚きがある。

かなり遠い特殊な出発点から始まった二つの漫画が、気がつくと普遍的な事柄に帰着し交錯するのは面白い。
というわけで最近のこの二つの漫画は、読み味がかなり似た印象を受けてしまうのがおもしろい。

「普段の生活」の「お金」と「幸福度」の問題。

ただ、二つとも、漕ぎ出した船はどんな大陸に漂着するのか。
この両作者二人とも、起承転結がしっかりしたストーリーテリングの経験値がすくない。
ひとしきり強度の高いエピソードが終わったらぽいっと終わってしまいそうなのが、少し心配なところ。
中盤戦までいい感じに話が進んでいるので、ダレることなく、描き切ってほしいと思う。

「お金に困らない人が学んでいること」

ウォール街は唯一、ロールスロイスで送り迎えされる人が地下鉄で通う人からアドバイスをもらうところです

まあ、本のタイトルに釣られてる感はあるよな。
「お金に困りたくない」と思っている人の気を惹くために、そういう本のタイトルにしている。

本の内容を正確に言えば「お金に困らない人は学んでいる」というタイトル。
でも、それって身も蓋もないよね。そして本はそれじゃ売れないし。

・学び続けましょう
・学ぶ力がある人だけが生き残ります。
・おもしろいと学び続けられる(その意味で昔からの「勉強」という概念はあまりよくはない)
・学びへの意識の変化が先。スキルの蓄積はあとでいい。
・「自分は成熟した」と思ってしまったら、そこからは腐るしかない。
・「意志は弱い、願望は強い」(長続きさせるコツ)

まあ、エグゼクティブは読書してますよ。
みたいなもんで、先祖代々の地主とか富裕層は知らないが、僕の知っているそれなりの立場にいる人は、結構な量の読書だったり講演会を聞いたりしている。僕みたいな田舎経営者だって、それなりに本は読む。そうでないとあっというまに浦島太郎になってしまうから。

学びの具体的なアドバイスもいろいろあり、面白かった。
・付き合う人がかわると意識があがる
・知識には「一生使えるもの」「時間が経つと使えなくなるもの」がある
・現場で必要とされる能力と、中間管理、トップマネジメント層で求められる能力は、まったく異なる
・広く学ぶことと深く学ぶことの掛け算が重要
・お金を稼ぎたいと思っているのに、お金について学ばない人が多すぎる

参考:
halfboileddoc.hatenablog.com
読書というのはもっとも低コストの学びだとは思う。

halfboileddoc.hatenablog.com
この本では起業しましょう、的な話です。学び、についてはあまり強調されていないけど、そりゃするでしょ、って感じ。

halfboileddoc.hatenablog.com
この本は、そういうこと言ってないな。

halfboileddoc.hatenablog.com
これも「超一流は学んでいる」とは言ってはいないね。

halfboileddoc.hatenablog.com
華僑のWay of Lifeには「勉強」というのはあまりないのかも。でも中国の新興ビジネス層はむっちゃくちゃ勉強(情報収集)してるよね。

『独居老人スタイル』

都築響一氏の作品はなんとなく結構読んでいるけど、一読した感想が豊潤すぎて、なかなかここに書けない。

この本は「Tokyo Style」からの流れといっていいんじゃないかと思う。

Tokyo Styleで花開いたフィールドワークの手法を、もう少し歳のいった人たちを対象にまとめなおしている感じ。

「自分らしい都市生活」も、人生の終盤にさしかかってくると、その自分の人生のありようの「曼荼羅」としての自室の光景もまた変わってくる。

人によっては、まとまりないゴミや家財道具に埋もれ帰ってしまったり、据えた匂いを放ってくるもんだ。ただ、都築氏自身が取材対象に対して共感的なので、冷笑的なレポートではない。都築氏はこの本に取り上げられた「とりわけ立派でもない人生」のあわいを丁寧に紹介するのが得意だ。
みんなの「いいところ」「幸せそうなところ」をきちんと掘り下げてくれている。

なんだかんだ言って、この本の老人たちは楽しそうに自分の人生を生きている。


しかし、こんまりメソッドで言っていた「その人の家は、その人の心象風景そのもの」というのを、目の当たりに見せつけられる一冊といえよう。
その意味では「怖い」本。パンドラの箱を、僕たちは覗くことができるだろうか?

結局のところ我々はだれしも老い続け、最後には死ぬ。
その最後らへんのさまは、やはり老残と言われるなんとも言えない感じになる。
『独居老人スタイル』をみて「うわっ」と思う感想をいだきつつも、自分の行く末を考えたら「そりゃそうだろうな」って思う。
私だって、パートナーが先に死んだら、この本に載せてももらえない不幸な生活に堕する可能性は十分ある。

気持ちよく老人ライフを営むのはなかなか難しそうだ。

参考:

halfboileddoc.hatenablog.com
halfboileddoc.hatenablog.com
halfboileddoc.hatenablog.com

halfboileddoc.hatenablog.com
これは、「生き物の死に様」の色々を紹介したもの。
halfboileddoc.hatenablog.com
これは、高齢になっての「生活苦」に焦点をあてた本。今回のエントリーとはちょっと違うが。

『十字架のろくにん』

報復もの。最近こういうリベンジものとか多いですけれども。


この作品では、中学生の主人公がいじめ抜かれた挙げ句に、家族を放火で焼き殺されてしまうところから始まる。
押見蓮介の作品にも似たようなのがあったかも。
halfboileddoc.hatenablog.com

そして、陸軍中野学校出身のヤバい祖父と組んで復讐を始める。

あとは「うわー……」の連続。
まだ、続いているけど、どうなるんやこれ。

* * *

まあ少年誌だから、こういう描写になるのは仕方がない。
中学生・高校生でここまで残虐なもんだろうか…と思うけど、たしかに中学生高校生って視野が狭く、他者視点に欠ける。
がゆえに、人間の中ではもっとも残虐な頃ではないかと思っている。『蝿の王』は小学校から中学生くらいだったかな?『漂流教室』も残虐描写ありましたね。

もしタイム・リープしても、中学校時代にはあまり戻りたくないなあと思う。
周りも狭量だったと思うし、自分も全然未完成な人間だったからだ。全員が余裕がないわけですからねえ。

だからそういうのに苦しんでいる自分の子供をみていても「無理ないよ…今のそのスクールジャングルほどキツいところはそうないから安心して」と言いたくなる。

露悪的で残虐な拷問描写などは、大西巷一の『乙女戦争』『ダンス・マカブル』とか、そういうのにも通じるものがある。
まああれは拷問という事象を通じてエロスとタナトスの微妙な感情を喚起させる作風で、少し誘導する方向が違うとは思うけど……

* * *

それにしても主人公氏、結構物語の序盤で警察に目をつけられているので、そのなかで大胆に復讐を敢行するのは、ちょっとプロット的に無理がありすぎるんじゃないの?とは思った。もっとDeath Note夜神月をみならわないと…
とは思いました。

『女が死ぬ』松田青子

『スタッキング可能』を以前読んで印象的だった松田青子さん。
halfboileddoc.hatenablog.com
これ、10年前かあ(つい最近かと思ったのだけれど…)

女らしさ」が、全部だるい。天使、小悪魔、お人形……「あなたの好きな少女」を演じる暇はない。好きに太って、痩せて、がははと笑い、グロテスクな自分も祝福する。一話読むたび心の曇りが磨かれる、シャーリイ・ジャクスン賞候補作「女が死ぬ」含む五十三の掌篇集。

一読すると、断片的な文章が散りばめられているだけのように思うが、全体を通してうっすらと何かが立ち上ってくる作品群。

役割と記号、言語化
『スタッキング可能』でもそうだったが、われわれはこの世界で自分の役割を演じているのだよ、ということを無理やりにでも気付かされる。

現代人にとってはそれはある種の当たり前で、例えば会社と自宅で全く違うペルソナをつけかえ、サードプレイス(喫茶店かもしれないし行きつけのスナックかもしれない)に行けば、演じる記号を変えてその場にふさわしく振る舞う。

特に「働き方改革」で、勤務中の自分の人格とオフタイムの人格を交わらせなくなっている昨今ではなおさらだ。

 * * 

では、そういう「役割」を脱いだわれわれはなにか?
精神年齢としては29歳くらいの男でも女でもない「なにか」だったりする。
脳?
脳が記号を発しているだけなのかもしれない。*1

集団へのコミットメントとデタッチメントのバランス。
村上春樹はそうではない時代に、コミュニティの中でわれわれが振る舞う人格を越えた「自我」を意識的に描いた。
そのために世界的な共感をえることができた。
松田青子さんの描く世界は、もうちょっとその先をいっている気がする。

ぼんやりと、今の世の中がうっすらと身にまとう虚飾について、思いをはせる。
でも、これからどうなるんだろう。


なんとなくウクライナの戦争の後予想されるのはグローバリズムの退潮(国民国家の再形成)みたいな流れ。
一個人が複数のペルソナを使い分け、都市で活きてゆく時代、つまり「役割を演じる時代」は変化せざるを得ない気はする。

ちょっと敏感すぎるのかも?

こういうふうに拡大された自我が再びシンプルな状態にもどることはないと我々は思いがちだが、大正デモクラシーから10年も立たずに昭和の軍国主義に後戻りした前例はある。「不可侵」であると勝手に思っている自由は数年がかりでたやすく不自由な状態に陥ることはありうるのだ。

*1:昨今のLGBTQみたいな話は、結局われわれは肉体の壁を越えて脳で恋愛をしているわけで、そこにはいろんなパターンがありうる、というだけのような気がする