半熟三昧(本とか音楽とか)

半熟ドクター(とはいえ気がつくと医師20年選手だけど)の読んだ本とか音楽とか

『「自己啓発」は私を啓発しない』

オススメ度 70点
この人の盲従度スゴイ度 100点

「自己啓発」は私を啓発しない (マイナビ新書)

「自己啓発」は私を啓発しない (マイナビ新書)

かなり痛快な本だった。

マグロ漁船仕事術、という本をつい最近読んだ。
halfboileddoc.hatenablog.com

これはなかなかの良書で、あまりビジネス本に興味がない人でもたやすく読める。
その理由は、具体的な部分と抽象的な部分のブレンドがうまいから、と思っていた。
もちろん、乗船したマグロ漁船の船長が、日本でも有数にすぐれた船長だったから、だというのもある。

それにしても、ちょっと筆者の方は明晰すぎるんじゃないか?
と思ったのだが、それには理由があった。

* * *
この本は、実録「裏『マグロ漁船仕事術』ができるまで」みたいな本だ。

実はこの方、今の『マグロ漁船仕事術』というコンテンツを得て花形の著者・講演者になるまでには、そうとうしょっぱい下積み時代があった。しかも、下積みというか、積み上げてどうこうなるわけではない、迷走の時代。

マグロ漁船仕事術ではさらりとしか触れていなかったのだが、この本の前半の主人公は、主人公の職場のパワハラ上司だ。
若干昭和感ただようパワハラ。おそらく著者の斎藤氏はくみしやすしととらえられたのか、マウンティングと、自分のいうことをきかせる道具として取り扱われてしまう。尊大な自我は、必然的に部下の人格を軽視する言動の数々を引き起こす。

「死ね!」という言葉は朝のあいさつのようなもので、1日1回は聞かされる言葉

だったっていうんですからね…

斎藤氏はこの職場環境に適応すべく、自己啓発セミナーに通いまくる。
「若い頃は自分に投資すべし」みたいなアドバイスを真に受けて、年収200-300万円のころから、10万円以上の自己啓発セミナーを何個か同時並行で受ける日々。計600万以上を自己啓発セミナーにつぎこんだという。

いや、これ「素直」…というか、ちょっと素直すぎない?

おそらく、この手の詐欺まがいの自己啓発セミナーには「カモのリスト」として掲載されていたのは想像に難くない。
ただ、上司のパワハラもやまないし、それに対抗するすべもなかった。

コミュニケーションというものは、最終的には相手次第だからなのだと思います。相変わらず朝から「お前、まだ生きてたんだ」と見下す目で笑われ、夜には飲みに連れていかれて3〜4時間の説教をされ、おまけに「今日も俺はお前に仕事ってもんを教えたんだから、お前が払っておけ」といわれ、飲み代まで払わされる生活が続いていたのです。

その後、うつ状態となり会社を休職することに(当たり前だ)。

さて、上司のさらに上司に実態がバレて、部下への指揮命令権がはずされて、この事態は突然終焉を迎える。
筆者の自己啓発セミナーとかの努力は関係なかった。

でも、転職しようと思う。そして転職成功セミナーを受講する。
その合間に、講師としてデビュー、異業種交流会、ネットワークビジネスの世界にも足を踏み入れる。
自主開催のセミナーも開いてみる。みたいな、自己啓発セミナーのセミプロみたいな感じになってゆく日々。

職場では、上司が抜けた穴をうめろと言われてリーダー的な地位についたりする。
コミュニケーション・セミナーとかで培ったスキルを駆使して部署内の人間関係をまとめようとして、ウザがられたりする。
(本心で、「他人を操りたい」という欲望が自分にあることをおそらく同僚に喝破されていたからだと思う、と述懐している)
そして会社の方針に下手に逆らったために、疎まれる。
しかも、これもセミナーで培った労務知識かなんかを振りかざして業務命令に逆らったために、こじれて自主退職への道へ。

行動力だけはすごいよね、この人。
でも後半のくだりはイタタタタ……

自己啓発セミナーで、知識を取り入れて、それを野放図に使ってしまうと、いびつな成長になるのかもしれない。
少なくとも、職場での成長の予測範囲で得られるスキルを飛び越えたスキルを身に着けることができるから。
でも、それをうまく自分の仕事に活かすには、賢察さが必要なのだろうなと思わされた。
禁断の魔法を手に入れてしまった若い魔法使いの失敗のようだ。ゲド戦記一巻だ。

ということで、コンサルタントして食っていくしかない道に追い込まれる筆者。

ただ、この人がすごかったのは、こういうイタタな経験に終わらず、パワハラ上司の思いつきでマグロ漁船に乗せられちゃったエピソードや、自己啓発セミナーやビジネスコンサルティングの講座で習ったことを生かして自分なりに世界に発信できるコンテンツを作り上げられたことだ。

ただ、ほんと、必然的にあの本がかかれたわけではなく、ほんと人生綱渡りだったんだなあと思う。
この人の人生、絶対追体験したくない。
人の3倍くらい辛い目にあっていると思う。

それはさておき、自己啓発セミナーに対するこの人なりの総括はみるべきものがあった。

『魔女の世界史』

Kindleの日替わりセールにて購入したと思う。

魔女といえば中世の話だと思っていた。
確かにそうなのだ。
だけど、中世以降の「新しい魔女の時代」。それから現代につながる魔女の系譜というものがあって、この本はそういう紹介だったりする。


中世の魔女、魔女論について、僕はあまり詳しくはない。
これは別の本で読んでみよう。
しかし、中世は精神の抑圧・自由な思考の抑圧、という時代なので、今の時代・今の考え方と全く地続きではないのだよな。
だから意欲が湧かない。
かつて、これほど精神の自由が許された時代があっただろうか、という時代を僕らは生きている。
もちろん、大正モダニズムが昭和の軍国主義にとってかわったように、今の自由さが許されなくなる時代がまた巡ってくるのかもしれないが。

いずれにしろ、僕たちがイメージしている「魔女」は「中世の魔女」であって、魔女そのものでなく「中世」のイメージなんだ。*1
キリスト教と結びついた封建的権力による階級的搾取と性的差別の下に置かれた女性達が、ステレオタイプの「魔女」のイメージである。

ただ、現在のフェミニズム潮流や、19世紀演劇などで流行ったファムファタル像、女性に関するさまざまな視野・偏見・イメージは現代にもある。
女性に対するネガティブな見方は「ミソジニー」という言葉で定義するとわかりやすがい、
結局「魔女」というラベリングは、そもそもミソジニーからだったのではないか、という話。
ミソジニーの対象となるような傑出・突出した女性像、それが中世には「魔女」というラベルを貼られて弾劾されたわけだ。
たとえば、「ジャンヌ・ダルク」とかはそういう系譜ですよね。

魔女がミソジニーの対象であるとすれば、当然ながらフェミニズムの領域であるとか、ファッション・演劇界でのイコンとなりうる女性も、この「魔女」とう言葉に含まれる。「中世の魔女」とイメージは断絶しているが、女性論としての「魔女」を再定義すれば、現代においても魔女という言葉は、とりまわしの良い言葉として使えるわけですね。

ただまあ、一般的な話でいえば、「魔女」といえば、「ねるねるねるね」のおばあさんのような、鉤鼻で黒衣に身を包んだ魔法使い然としたイメージだから、あえてスティグマに満ちた言葉を再利用しなくてもいいのではないか、と思ったりはする。

という意味で、かなり予想を裏切られた本。
というのも著者の海野弘は『アール・ヌーボーの世界』で有名になった19世紀〜20世紀が得意な人だから。

ミシュレ『魔女』

魔女〈下〉 (岩波文庫 青 432-2)

魔女〈下〉 (岩波文庫 青 432-2)

魔女〈上〉 (岩波文庫)

魔女〈上〉 (岩波文庫)

これは、昔の本なので、読みにくかった。昔の本って読みにくいよね。
上記の、魔女という言葉の再定義になったルーツと言えるべき本。

*1:この辺は澁澤龍彦感があるよね

『置かれた場所で咲きなさい』

オススメ度 80点
言葉の一人歩き度 100点

置かれた場所で咲きなさい

置かれた場所で咲きなさい

これも、Kindle日替わりセールで買ったものかもしれない。

岡山にあるノートルダム清心の学長を30代でまかされ、以後ずっと同学の理事長を勤めた渡辺和子さんの、言行録のようなもの。
それまでは老齢の欧米人のシスターが学長になるのが通例だったらしいのだが、異例の若さで抜擢された。
もちろん使命感に満ちてもいただろうが、周りからのやっかみや評価、毀誉褒貶に疲れ果てたこともあったらしい彼女が、
日々の教師・修道士の中で感じ入った言葉の記録。

「名言」のようなものが、大きなページにでかでかと大書され、その説明が短く平易な言葉で綴られる。
やはり長年生きてきて接してきた言葉の集大成なので、普遍的な、何かを感じうる言葉だらけだった。
いいことばっかり言うてはる本である。

宗教家でもある彼女は論理的な・分析的なことを言わない。
選び抜かれた通じやすい言葉は、何より読みやすい。

ただ、「置かれた場所で咲きなさい」という言葉だけを抜き出してしまうと、
なんか、「いまの世界のありようを改善する努力をせず、我慢しなさい」みたいに伝わってしまう危険がある、というか現実そうですよね。
僕、最初にこの言葉を週刊誌かなんかで見たときに「またBBAが若者を押さえつける言葉いってらあ」と思ったもん。

社会的立場が上の人、例えば上司などが、この言葉を発する時、その受け取られ方には細心の注意を払わなければいけないと思う。
でもクソ野郎ほど、この言葉をそういう意味で使うんだよなあ。

置かれた場所で咲く努力はしなきゃいけない。
でも、場所を変える力を持った人間は、場所をよいものにする義務があると思う。
ノブレス・オブリージュ
(ルネッサンース!的な感じで、ワイングラスで乾杯しながら)

そういう意味では、「悪人正機説」とかと同じで、悪用されやすい、危うい言葉だよなあと思った。
善意で発せられた宗教家の言葉は、たやすく悪用されやすい。
これもまた歴史的事実であろう。

同じようなニュアンスの言葉にしても、最近よんだ「移動力」にあった、
halfboileddoc.hatenablog.com

「最善の選択」ではなく、「選択」を「最善」にしよう。

の方がいいかな。一番いいものを選ぶなんて、不可能なんだから、一旦選んだら腹を据えて努力をして後悔ないようにして、結果的に、その自分の選択肢が最善といえるところまで持って行ったらいいじゃん。
というやつだ。

* * *

ちなみにあとがきで触れられているが、この方は、2・26事件で、青年将校に親族を、自分の見ている前で殺されたという壮絶な経験を持つ。
やはり許すことはできないという深い怒りを数十年心に秘めていたのだが、意を決してその後処刑された青年将校の遺族に会いに行き、わだかまりがとけた逸話などもあり、単なる綺麗事を言われる方ではない。
慈悲深いシスターにも心の中には修羅が住んでいる。
 そのエネルギーをいいものに昇華するか、ダークサイドに落ちるのも、その人の選ぶ道である。

更新頻度を減らそう

7月は結構忙しい。
仕事の方では発表・講演を3つ入れてしまい(しかもお互い全く関係ないトピック!)、さらに音楽の本番も少し多かったりする。
今年に入ってから必ず1エントリーを更新していたこのBlog、少し更新頻度を減らします。2-3日に一度。

半年読む本読む本に感想を書いて思ったことは、

全くまっさらの状態で本を読むことは少なく、ビジネス書にしろ小説にしろ、何らかのつながりがある。
本を感想を書いているつもりであったが、新しい本を紹介するときに、本の内容だけではなく、自分が今まで読んできた本との関係性や類似性・相似性などを踏まえて書くことが、読んでくれる人には意味があるのかなとも思った。

『世界の危険思想』『Gonzales in New York』

オススメ度 70点

世界の危険思想 悪いやつらの頭の中 (光文社新書)

世界の危険思想 悪いやつらの頭の中 (光文社新書)


クレイジージャーニーで有名だそうなゴンザレス丸山。
(だが、いまちょっと知ったかぶりをした。
 僕は見ていないのでなんとも言えない。)


安全な日本に住んでいる僕ら日本人は、自分たちの考えが標準だと思っている。
が、日本は、世界の平均からしても特別に安全な場所だ。
危ない場所では、人々はどう考えているのか?というのを書いた本。
世界の危険地帯を取材する丸山ならではの観点であるが。

本でとりあげられているのは、殺人を職業としている「殺し屋」、スラムでの生活、裏社会での掟。
などなど。

あくまで私なりの結論だが、相手を「甘い」と思って「ナメる」ことである。これこそが人類の持つ感情の中で最悪におそろしい危険思想だと思っている

相手に対する敬意のなさがあれば、悪意は突然生まれ容赦ない行動が実行される。
単純に総括するとそういうことらしい。

例えばフィリピンで交通事故ではねてしまうと、死亡事故なら20-30万くらいの罰金になる。
が、怪我をして場合は、後遺障害とか休業補償とかいろいろがかかる場合は、むしろお金がかかってしまう……
 ならばと、とどめをさしてしまった方がええわな、とハネ直すこともあるのだとか。こわー。

裏社会の掟は「ナワバリ」「ボスへの忠誠」「アンチ警察」。
 ナワバリは、自分たちのテリトリーでもあるが、逆にナワバリから出て就職や進学も難しいらしい。

あと、ここ最近麻薬については、営利目的の麻薬ビジネスへの規制以外は、罰則が世界的に軽減化しつつあること(大麻マリファナの規制はどちらかというと緩和している)、また、世界で人権に対する考え方も、ゆらいできている。難民が多すぎて、自己犠牲にも限界があるとヨーロッパの人たちは考えるようになりつつある。など、日本ではうかがえないことも多かった。

ただ、一般化・抽象化仕切れていない雰囲気はあった。

Gonzales New York

GONZALES IN NEW YORK

GONZALES IN NEW YORK

これはニューヨークの身辺雑記。
アンダーグラウンドの情報が多いが、NYCでの生の生活の端々が味わえる本だ。
なんといってもニューヨークは、まあ世界の中心、といえるわね。

東京に住んでいる人たちが、上京気分で行ける都市は、今世界にどれだけあるだろうか?

大江千里のNY生活の本にもかさなるところがある。
halfboileddoc.hatenablog.com
こちらは、もう少し穏やかな日々なのだけれど。

映画『Time Remembered』

Time Remembered: Life & Music of Bill Evans [DVD]

Time Remembered: Life & Music of Bill Evans [DVD]

Bill Evansの一生を映像・音楽とともに追いかけた映画。
そもそも制作が2015年なので、なんで今年日本で公開されたのかはよくわからない。

単館上映に近い配給だったので、たまたま時間があいていた29日の午前、渋谷Uplinkにて見てきました。

f:id:hanjukudoctor:20190629102246j:plain
渋谷Uplink 「奥渋」と言われる渋谷の奥の方にある。
渋谷Uplink、私は初めて行ったのですが(というか基本的に映画見に行かないので)60席で、いわゆる映画館らしい造りではなかった。

音響も映画館にありがちなドルビーサラウンドばしばし効いているところではなく、小学校の教室くらいのスペースのライブ会場みたいなところ(ステージの上手にはアップライトのピアノが置いてあった)に、カフェとかによく置いてある椅子を並べ、一応「映画館」にしている風情。

大抵映画館の最前列はスクリーンを見上げる形になり、首が疲れる。
けど、この映画館では、スクリーンはそれほど上の角度を見上げるようにはならない。
しかも椅子は、一列目だけニーチェアで、多分座りやすい。
今度来ることがあればぜひ一列目にしよう。


* * *

とりあえず、ジャズも30年くらいやってる自分は、ジャズ批評の"Bill Evans"も持っているし、一生のあらましは僕もよく知っていた。
音楽的な部分については、好きなミュージシャンでもあり、ヴィレッジバンガードの4部作の経緯なども、まあまあ詳しいつもり。

ジャズ批評 別冊 ビル・エヴァンス

ジャズ批評 別冊 ビル・エヴァンス


ただ、映画は、音楽そのものについての深い解説は少なく、人間Evansのあゆみ、についての話が多かった。
兄弟の話、つきあっていた女の話、ヘロインの話、など、など。

キャリアの初期に、ある種の極点に到達してしまったミュージシャンの悲劇、というべきなのだろうか?
しかしラファロと共作した4部作時代さえ、すでにひどい麻薬中毒になっていた。
Bill Evansの軌跡をみれば、「人生設計」という言葉がこれほど似合わない人生もあるまい。
おそらく、本人は一週間程度の時間感覚でしか生きていなかったんじゃないか。
マネージャーでさえ1年程度のスパンでしかスケジュールを設計できなかったのではないだろうか。
曲が溜まったら、調子がよかったらレコーディングをする。その繰り返しだ。

だからこそBill Evansの後半生は、作品の完成度としてはそんなに悪くないものの、どことなく精彩を欠くように感じられてしまうのだろう。要するに、作品に「作者が創作する内発性」を感じられないのだ。
そしてそれは伝記を見通しても、やはり変わらない。

それで、できた作品がどれも一定の水準をクリアしている、のも皮肉な話だ。


以下若干ネタバレあり。

続きを読む

『ワールドチャネリング シーズン2』

オススメ度 100点
ロッシーの空気度 100点

インスタグラムでは肉糞太郎として知られる 野性爆弾くっきーこと川島。
ここ最近はフリーク的な人気で女子高生にも大人気、ということだが、
基本的には、大阪の西成的な危な目な街にいる危な目なおじさん、的な風貌と芸風。
「キャアキャア言われる」のキャアキャアの意味が違うんちゃうか、と思う時もあるが…
いやはやテレビっていうのはよくわからん。
「異界の住人」という意味では、昔のテレビでいうと「デストロイヤー枠」なのではないかと思う。*1

まあそういう無職な無学中年風のテイストを出しつつも、アートが共存しているというのが、彼のそこはかとない魅力なんだとは思う。
そんな彼らの冠番組が、アマゾンプライムでみられるので、実はシーズン1も楽しく拝見させていただいたのだが、シーズン2、去年配信されていたのだが、このほど見終わった。

一言でいうと、例えば『カリギュラ』で野生動物のハンティング、そして猟銃による野生動物の殺傷および皮剥、そして実食という、地上波ではとても放送できないような刺激的な映像を、くっきー一人でやすやすと達成していることがすごいなと思った。

いわゆる一般的な放送のコード・モード(価値体系のようなもの)を、くっきー一人の個人的な価値体系でぶっこわし、女性タレントに狂った行動をさせるところが、この番組の持ち味か。
くっきーが放送中に醸し出す価値体系は、女性タレントへの一部性的ないやがらせ、女性タレントの価値観の貶め方など、昭和の男性にありがちな男尊女卑感をカリカチュアライズしたようなもので、根が悪趣味な僕は大変面白く拝見はするものの、これが世の中に受け入られるのも、すごいことだなあと思ったりもする。テレビ的な価値観の中でのトリックスターなんだと思うけど。

そして、最近「水曜日のダウンタウン」などでも「ロッシーの受け入れ力がやばい」とか騒がれていたけれども、この番組でも、くっきーのありようを完全に受け入れすぎていて空気。
ほんと不思議なコンビ。

*1:あえて昭和の僕より年上の人に刺さるようなところを持ち出してみたのだが、実際僕はデストロイヤーがバラエティで活躍していた時代は知らないのだけど