半熟三昧(本とか音楽とか)

半熟ドクター(とはいえ気がつくと医師20年選手だけど)の読んだ本とか音楽とか

『観光立国の正体』

スイスの観光のあり方をロールモデルとして紹介。
スイスは、イギリスが「大英帝国」が経済発展し、イギリスの貴族階級の間で「登山」が流行った時代に、インバウンドに成功した。
スイスの人たちは、自分たちの「価値観」を守ることにとても自覚的。
それは、当時世界で最も進んだ知性と感性、教養を持つ富裕層と接する中で、サービスの提供側もその質を高めることができた。
「目先の利益」よりも都市生活者であるお客様にどうやったら喜んでもらえるかを真剣に考えたから。

スイス=観光だけではなく、自国の産業構造を高収益体質に作りかえてきた。
目先の利益よりもCLTV(顧客生涯価値)を得る努力

本書のストーリーラインは、このスイスのありようをロールモデルとする一方、日本の現状がそうはなっていないことを問題とする。

日本の観光地は、経営感覚がない。
「食うに困っていない人」が多い
一見のお客さまを効率よく回すことを考え、満足度やリピーターを獲得する努力を怠った。
「リピーターあってこそのサービス業」というビジネスの常識すら共有されていない。
観光だけでまちおこしはできない。そこに暮らす人の豊かなライフスタイルが前提。
グローバルに見れば、観光は世界のGDPの1割。まだ伸びる余地はある。
同業他社による足のひっぱりあい。
「地域内でお金をまわす」という意識の欠如
「時間のかかる消費行動」が大事。
富裕層を取りっぱぐれている。

私もそうだが、田舎、地方都市で暮らす人にとっては、自らの地域の「町おこし」「地域振興」がその地方都市の命運をわける。
その意味では、地域の観光政策、地域振興策は他人事ではないのであるが、しかし、旧態依然とした二流の官僚機構がこれに立ち向かえるか、となると難しい。
しかし、こういう新書でコンパクトに問題点を列挙していると、現状の問題点を共有できる。
実際、地方の観光課は、かつてとは違い、割とレスポンスがよくなり、以前とは変わっている。
問題の共有と、問題解決がコモディティ化されているためだと思う。
(地方公務員は、どちらかというと秀才の集まりなので、こういうわかりやすいフレームワークがあると動きやすいのは事実)
 ただすべての自治体が、このレシピにそってやっても、多分、うまくいくところは3割くらいだと思う。

『働くことの人類学』

民俗学、比較人類学の話ではあるのだが、今の正調は文明とは少し違う伝統社会における、「仕事」に関する考え方を紹介している。
これが、めっぽう面白い。

我々日本人の仕事に対する考え方、生きがい、とかねばならない思考というのと違って、世界各地の文化では、仕事に関するアプローチが本当にいろいろだ。

パプアニューギニアの貝殻の貨幣システムの謎(とんでもない経路で長距離を流通している)=冠婚葬祭のお金とリアルマネーはまたちょっと違ったりする話。公と私の価値基準の違い(日本との違い)。
一つのことをずっとやっていると尊敬されないブッシュマンの世界。網野史観の「百姓」の話にも通じるかもしれない。
ダサネッチ(エチオピア遊牧民
中国でビジネスをするタンザニア商人(チョンキンマンション、ギグエコノミー)
ラオスで暮らしていたノーボーダーの人たち「モン」定型的な仕事が苦手で、ズッキーニや松茸栽培に強みあり。

我々の常識では、ありえないような考え方であったり、生活習慣だったりする民族だったりもするのだけれども、
これが、この2000年以降の技術革新の中で、ライフスタイルの変革を迫られる時に、案外今の世情であれば、こういう考え方の方が
生き方が楽なのではないか?と思わされる、気付かされることが多くて。

それが、今比較人類学や文化論が、再び注目されている理由なのかもしれない。そういう限定された民族の限定されたコンセプトに「デジタル」という接頭語をつけたら、なんか、非定型的な行動をしているイノベイターの行動を綺麗に説明できる。
陳腐な例だと「ノマド」→「デジタルノマド」という言葉がまずそうだよね。

そういう意味では、IT化によって、世界は流動化している中で、遊牧民や、農耕定住民の古典的な概念を上書きするのに、こういうユニークな類型が再発見されているのだろうと思う。

そういう意味で、この本はビジネスマンや、民俗学じゃない働いている人が読んだら、多分いろいろ思うところがあると思う。
いわゆるテキスト化されていないので、再読やハイライト指定ができないのが唯一の欠点。

「その日ぐらしの人類学」は読んだけど感想書いてないので再読してみよう。

"Love for Sale" 内田春菊

女流作家が主人公。バリバリ仕事をしているのだけれど、年下の彼氏がいたりする。
年下の彼、その1:自意識過剰で行動の伴わない癖に嫉妬深い。セックスはうまい、その2:駆け出しホストで自信満々だが巨根をひけらかし、セックスは雑、その3:猫っぽい不思議系だが……

いや、もう、なんといいますか。男の悪いところばっかり煮詰めたようないろんなタイプの地獄めぐりっすかね。
そもそも、ホストクラブという池で釣りをしていても、そりゃそんな顛末になるでしょうよ、と思う。
癌になったり突然死したり、と、人生をそれなりに過ごしてきた人ならではの描写も生々しい。

性別を逆にしてみれば、独身貴族が、若い女の子で遊んでいるのと、なんら変わりはないのだと思うけど、
この関係だと、あけすけな描写をしても別にそれほど非難されない。それは、社会の基調がやはり男尊女卑であり、性の搾取というと、男性が女性にするものというコンセンサスがあるから。
こういうパターンは、世間の受け止めも未成熟なので、ええ塩梅にスルーされているんだろう。

若い異性に、セックスを求めているのか、愛を求めているのか、本人もわかっていないところが、誤解や錯誤の原因なんでしょうけど、まあ本人もわかっていないわけだし、その時の気分で変わるんだろうし。

ベテランの作品だけあって、絵は少ない描線でもとてもうまい。
特に、人体の柔らかい曲線などの表現は、手慣れたものだよなあと思う。
(キャラクターの顔の造作のかき分けは、みな同じようにも思う。まあこれは記号みたいなもんだ)

それにしても男性の描写なあ。内田春菊先生の身近な男性のディテールを再構築したような人たちなんだと思うけど、アリとキリギリスでいうと、完全にキリギリスの人たち。

私は夜の職業の人たちと普段交わる機会がほとんどないので(ジャズなんぞやっているけど、地方都市のそれなど大人しいもんで、モテとは無縁の人間がやっているんじゃないか)よくわからないんだけど。
そうそう、「Love For Sale」は、ジャズのスタンダードでも有名な曲で、まあそのもの娼婦的な歌です。
Chet Baker版の激シブバージョンをどうぞ。
youtu.be

『日本人だけが知らない戦争論』苫米地英人

この人のこと、正直よくわからないし、読み味はあまり好きな感じではないのですよねえ。
とはいえ、国内のコモンセンスとしての戦争への漠然としたイメージは、もはや時代遅れ。
国際社会の戦争のリアリズムには、我々国内教育だけでは、今ひとつ掴みづらいものもあるんですよね。
(そもそも、GHQに軍事研究を禁止され、今に至るまで日本学術会議などでも軍事研究は「自主規制」されているのは事実)

革命の裏には、資本家(中央銀行)あり
戦争の裏にも資本家あり

現在のウクライナへのロシアの侵略も、我々には見えてこない力動線はきっとあるのだろうと思う。
(日本国内にいると、国際法を意識することが少ない、ということと、我々を含む一般大衆は、このあたりをそもそも知る必要がないから)

軍事や国際情勢に関する本はいくつか読んでいるが、この本がではどういうところに位置付けられるのか、ちょっとよくわからない。
戦争論」というタイトルがふさわしいかどうかも、ちょっとなんともいえない。

ただ、戦争に関する「資金源」という観点は、あまりはっきり語られるものではないが故に、記銘しておく必要はあるのだろうな、とは思う。

『異類婚姻譚』本谷有希子

なんだか、とりとめのない話ではあるけれども、これ芥川賞なんですね。
読み終えるのに、結構時間がかかってしまった。

かなり近い二人の人間関係の、言語化できないモヤモヤの部分ってあるよね。
もし僕が独身の頃の僕に、結婚ってこういうもんだよ、みたいなことを言っても言い尽くせない何か、っていうのがある。

そういう「結婚」に関するモヤモヤの話を、ファンタジー的な様相で描く話。
読み味は不思議なんだけど、普遍的な何かに触れようともしている。
全然自分と無縁な話のように見えて、自分の経験にもあるようなことが現れてドキッとする。

* * *

文学における理外の現象の書き方って、案外難しい。
幻想文学」みたいなていであると、わかりやすいのだが、最近は、その辺り曖昧な作品も多いし。
梨木香歩さんとか、川上弘美さんとか、小川洋子さんとか。
梨木さんは昔なら怪異譚といわれている「あちらの世界」の端っこが垣間見える描写。
川上さんは、人間の心的世界がつながっているかのような(夢に出てきたりとか)世界を描いたりする。
現実とすこしずれたような、世界。心的世界は思っているより広大ではないか。
小川洋子さんは、これももうなんともわからない世界。
いや、そもそも女性の作家が見ている現実世界と、男の私が見ている現実世界は、そもそも違うのかもしれない。

なんだろう、村上春樹言語化できない「よくわからない世界」をハードボイルド小説風のストーリーの中に描いた時には、
随分と批判も受けたし、叩かれた。
あれは80年代。それから一世代経ち、こういう小説は普通に受けいられるようになったのか。

この辺は文学の世界では論じられているんでしょうが、専門外なので、消費者として受け止めるしかないんだけど。

世界の見え方は、人によって随分違う。
そういえば昔、R.A.ラファティの短編にそんなのがあったな。

halfboileddoc.hatenablog.com
halfboileddoc.hatenablog.com
halfboileddoc.hatenablog.com

そういえば、最近小説をあまり読んでいない。これが精神的老いとでもいうものなのか。

『音大崩壊』

なんかSNSをみていて出てきたので、買った。

私立の音大は既存のスキームのままでは経営危機に陥るリスクがある。
新しい時代に対して、どうしたらいいのか。
その提言。
みたいな本。

音大の凋落の理由
外部要因として
少子化
・女子学生比率の減少(共働き化)
・社会変化
に対応できなかったこと。また内部要因として、
・トップ(コンクール優勝者)にしかターゲットを見据えていない方針
・マネジメントなどの音楽ビジネスに付随するスキルを教えていないこと
・クラシック偏重
など、冷静にこの業界全体を俯瞰して非常にわかりやすかった。

銀行員というキャリアを活かし、この「音大」という業界全体の過去・現在未来を概観し、「投資先として」将来性を検討するとこういう
結論になるんだと思う。
課題が明確化された文章で、読みやすかった。
私も経営者なので、こういう書き方の文章を読み慣れているのもあるが。
この本を実際に音大の関係者や音楽業界のステークホルダーはどう読むのだろう。
(私もアマチュアではあるが音楽関係者の末席ではある)。

スポーツ業界にくらべて、音楽業界は、音楽というマーケットそのものを発展させる組織力に欠けるのでは?
という提言は、まさしくその通りだと思った。
ナッシュ均衡」という一言で切り捨てているが、ジャンル同士で争って、パイを大きくする努力を誰もしていない。

地方でジャズっつーもんをやっている身からすると、こういう全体観の欠如を、ジャズの中でも痛感する。
地方音大の「アカデミズム」は、ローカルのミュージック・コミュニティに到達していない。
ジャンルの交流も希薄であるし。

だからといって、我々草ミュージシャンが草莽から身を起こしても、どうにもならない。
アカデミズムの立場、プロミュージシャンの立場、アマチュアミュージシャンの立場、それぞれが共通の夢を描けるような理想型があったらいいのになあ…とは思う。

『この部屋から東京タワーは永遠に見えない』麻布競馬場

Twitterの麻布競馬場氏の本。
twitter.com

東京にいる人々の人生の振り返りの独白という体裁の小説。
Twitter文学』と称されるが、140字ごとで段落になっているため、リズムが軽快で読みやすい。
twitterであらましは読んでいたので、新味はなかったが、こうやって束になっていると、また別の咸興も湧いてくる。

都市生活者の苦悩。
都会の夜景を見つめてみると、その窓のあかり一つ一つには、それぞれの幸福や不幸がある。
この本では、圧倒的な貧困や病気による苦悩は描かれていない。しかし、本人の自我、プライドの傷つくさまがたっぷりと描かれる。

それは、本当の貧困や苦痛に苦しむ人にとっては「生ぬるい」かもしれない。
しかし、だからこそ、特定の人間にはより深刻にぶっささることもあるだろう。

麻布競馬場氏が描くのは特に「受験勝者」と言われるような人たちの20代、30代。
自分のパラレルワールドのような気がして、親近感も切迫感も段違いに強かった。

生きるって難しいなあ、と思う。
頑張った結果、プライドを満足させても、新たなハードルがすぐ現れる。
東京には、そのハードルが、果てしなく続いているのだ。

* * *

私は広島県出身。
小学校こそ塾に通い*1、神戸の某進学校に入学した(中高は六年間下宿で過ごした)。
中学高校はあまり出来がよくなかったけれども、高1くらいでなんとか立て直して、神戸大学の医学部に入学。
医者になり、その後は中国地方のみで勤務をして今に至る。
SAPIXとか鉄緑会とは無縁で今のキャリアにたどり着いた人間だ。

私はこういった都会のヒエラルキーとか無縁なところで生きてきた。
が、東京にでてきて自分の運命を切り開くという人生に、憧れなかったわけではない。
 (それを期待するだけのパラメーター付与と資格はあった)
だが、田舎において医師という特殊職業の強みでプライドを傷つけられないままぬくぬくと今まで生きている。
私には、こういう細かい差異の文化に憧れもある反面、その世界に参入できなかった、アンビバレンツな感情もある。
「私は勝負から逃げた人間だ」という思いが、今になってもぬぐいされない。

高学歴ではあるが、繊細で世間知の低い人間の没落するさま、この本には何度もでてくる。
人生は地獄なのか、天国なのか。
痛い痛い。
人間の痛いさまが、容赦無く描かれる。
それは、もし東京に出て行った僕、というものがあったら、味わった並行世界の無限地獄。
だから、他人事ではないのだ。

* * *

大人になるってことは、自我と現実との折り合いを付けるってこと。
10代から20代、就職のあたりが一番難しい。

20代が奇跡的にうまくやれても、結婚や出産によってライフステージがかわることもある。
そこをうまくやり過ごせても、30代、40代にはミッドライフ・クライシスなんてものも待ち構えている。
田舎でぬくぬく暮らしていても、「自分は自分の能力を本当に試していないんじゃないか」と思ったりもする。

人の「自由意志」というのは案外やっかいだ。

*1:『田舎の神童』みたいな枠だ。