半熟三昧(本とか音楽とか)

半熟ドクター(とはいえ気がつくと医師20年選手だけど)の読んだ本とか音楽とか

『アレクサンドロス』『イエス』安彦良和

安彦良和ガンダムのキャラクターデザインで名を馳せた人。
最近は「Gundam the Origin」で1年戦争前後のいわゆる「ファーストガンダム」の世界をリライトした。
これは僕も読みました。
アニメ版ガンダムでは駆け足だった余白を丁寧に描写していて、ファーストガンダムの世界をいきいきと活写していた。

* * *

で、安彦のそんなに売れていない時期に「歴史もの」とでもいうべき一連の著作がある。『アレクサンドロス』はアレキサンダー大王の、『イエス』は、キリストについて描かれた作品。なんかで紹介されて読んでみました。

改めて見ると、この人、めちゃめちゃ絵がうまいよなと思う。
アニメっぽい漫画のタッチと、立体のデッサンのうまさが両立した絵。
登場人物の臨在感がすごい。

アレクサンドロス』は、アレキサンダー大王門下のリュシマコスが主人公というか狂言回し。無邪気な天才、野放図でもあり、アルコールに溺れ、人と思考回路の違う天然な天才アレキサンダー大王の足跡を、駆け足で描写する。

アレキサンダー大王を題材に取り上げた漫画としては『ヒストリエ』が有名だが、2019年の現在でも、まだまだカイロネイアの戦いのあと話が進んでいない。
それに比べて安彦良和の筆は、とにかく速い。
一巻で、一生を駆け抜けてしまう。

だがわしは知っているぞ!
あの人は決して神ではなかった
人間だ!
たとい半分といえども神なんかではなかった!
欠点の多い
大酒呑みの
自惚れ屋で傷つきやすい
愛情が豊かで酷薄な
誇り高い
そして
誰よりも勇敢な
マケドニア生まれの良い青年だった!

アレクサンダー大王は33歳で急逝してしまうので、伝記としても未完感が強いけれども、読み終わって、読み足りない感じがするのは、そのせいだろうか。

* * *

『イエス』は、キリストの足跡を辿った作品。
これも一巻で終わり、さらりと読める。
やはり安彦良和のうまさを感じるばかり。
絵にしても漫画としてのコマ割り、ストーリーテリングにしても、隙がない。

ちなみにこの作品に関してはイエスの(無名の)弟子ジョシュアが、師であるイエス・キリストを振り返っている体裁をとっているのであるが、
ジョシュア、ルックスと独白のウジウジぶりはまるでアムロで、イエス・キリストは、ブライト艦長
アムロブライト艦長が別の舞台で(手塚治虫的出演システムで)作劇をしているかのよう。

ともあれ、最後の、イエスの復活に関する安彦の創作は、実に見事。

『「暗黒・中国」からの脱出』

考えてみると、日本って、幕末に開国してから、基本的にはヨーロッパ・アメリカの西洋文明に沿うような形で発展してきた。
産業革命プロテスタンティズムプラグマティズムなど、白人の倫理体系を、基本的には丸呑みして法制度を作り上げた。

もちろんこの背景には、日本は東アジア儒教文化圏の中でもやや特殊な立ち位置で、独自発展を遂げ、意外に西洋文明との親和性が高かった背景もある。
梅棹忠夫「文明の生態史観」の謂いだが、イギリスと日本は結構似ている。
「第一地域」*1の周辺に位置する「第二地域」で同じような文脈で発展を遂げた、という説だ。

だからこそ、現在の我々日本人は、個人の自由に重きをおく民主主義社会、市民社会制度を当たり前に受けいれられる。
それは、西洋文明・産業革命のような近代文明は、自由な個人の精神からしか生まれ得ないと思っているからだ。

ところが、中国は、我々の所与の如くに考える発展段階の軛から自由である。
西洋文化のお作法を無視して、しかも、それでわりかしうまく国をまとめている。
ただ、それゆえに中国では民主主義は当然の権利とはされない。
民主活動家はそのまま反政府活動家とみなされる。
人権を要求するだけで、中国では反政府活動とみなされる。

この本は、一人の民主運動家が、中国の公安当局に目をつけられて、逃亡した顛末を手記にしたものの翻訳。
単純に中国政府こわいなーという読後感だが、僕は、あれだけの人口を民主主義でまとめ上げることは難しいという意見に賛成なのである。
単純に政治手腕として考えると、中国の政体って、西洋史観にしばられず、自らの達成目標に対して柔軟かつ貪欲だよなあとは思う。

もちろん僕も中国の人民として、拷問も、人権を剥奪された状態にもなりたくはない。
一人一人の人権が尊重される方がいい。
でも、民主化運動で、実際政体が変わりうるかは、ちょっとわからないな。

それにしても現代の話。
中国はキャッシュレスがすすみ、なおかつサイバーセキュリティに強いので、ネットにアクセスすると公安にみつかってしまう。
しかしネットなしで見知らぬ街を逃亡するのはなかなか難しいようだ。大変だな。

ところで、この本って、ネトウヨ中韓に対するヘイトスピーチ本の一つなんだろうか。
もしそういう文脈だったら、いやだな。

*1:ハートランド的な地域

『本気になればすべてが変わる〜生きる技術をみがく70のヒント』松岡修造

本気になればすべてが変わる―生きる技術をみがく70のヒント (文春文庫)

本気になればすべてが変わる―生きる技術をみがく70のヒント (文春文庫)

ええと、すいません。松岡修造のこと、テレビでのパブリック・イメージそのままで、あほやと思ってました。
ちょっと考えたらわかるけど、そんなわけないやんな。


競技中のセルフ・イメージングとか、ポジティブ・イメージの大事さ。
それから、毎日の振り返りを日記につけて、ピンチになったら読み返したりするという話。
自分の「取扱説明書」=トリセツを作り、自分のことをもっと知りましょう、とか。
ストレスのバランスシートを作りましょう。
自分の思いを文字にするくせをつけると、くよくよしたり腹が立ったりしない。とか。
さすがに世界を転戦するトップアスリートならではのノウハウを、とてもわかりやすい言葉で書いてくれている本です。

何より、基本的にはポジティブに考えようとする、そのありようが、とてもまぶしいですね。
「人を本気にさせて動かすのは、やはり人なんだ」という、実感。
バカに見えるくらい、ポジティブ思考をつきつめて、演じているというわけです。
思いやりもある。

いい球を打てたときは「ナイスショット!」と堂々と自分をほめ、ミスショットをしてしまったときは「ネクストタイム!(次はうまくいくさ)」と自分を明るく励ます

そういう人でないと見えない景色もあるのだと思う。
偉大なアスリート達である友人たちへのリスペクトも忘れない。

人を巻き込む力は、やはりそういうポジティブ思考から生まれてくるものだと思う。

これは、すごくわかりやすいので、若い同僚に読んでほしい本でした。
やるなあ、修造。
修造は根っからの「アカレンジャー」だと思う。
僕は、アカレンジャーじゃない。 - 半熟ドクターのブログ 参照)


しかし、

絶好調だった年に伝染性単核球症というウイルス性の病気にかかり、三ヶ月の療養を余儀なくされたのです

おい修造、何やった(笑)。
さらっと書いているけど(笑)*1

*1:それだけテニス一筋に打ち込んできたってことだよな

Blackpink "in your area"

BLACKPINK IN YOUR AREA(CD+DVD)(初回生産限定盤)

BLACKPINK IN YOUR AREA(CD+DVD)(初回生産限定盤)

ええと、なんでこれ?という意見もありますが、
えーと……娘がね(12歳)、最近音楽に興味を持ったりしていておりまして。
最近 BTSとかTwiceとか、Seventeenとかばっかり聴いているわけです。
まあ買わされて、しかし買わされただけではなく一応リッピングはした。

日本のPops(というか一昔前のPops。自分はそればっかり聴いてましたから)の「いわゆるバンドサウンド」というのとは違って、HiphopとかEDMに、独特のコリアンEnglish。踊りはキレキレ(ただし、Hiphopのようなステップのとり方はせず、基本的には静と動がきっちりしてますよね、K-Popって)。

スカート(もしくはショートパンツ)の丈はもっとキレキレ。なんかストレートだったりゆるふわパーマだったり、手間のかかったルックス。

え?君、これ目指しちゃうわけ?
ただしくジェネレーションギャップを感じる今日このごろです。

『超口語訳「方丈記」』

「超口語訳」方丈記

「超口語訳」方丈記

教科書にものっている、かの有名な「方丈記」。これはその現代日本語訳。

改めて読んでみると……
じ、実は方丈記って、ちょうど教科書にのせられる程度のほどよい長さの文章なのであって、
内容はけっこうしょうもないのでは……と思った。
ただの生活力のなかった元貴族の後悔の言にすぎないのでは…

今どきのニートも、似たようなこと、言うわな。

今は、「何が語られているのか」だけではなく「誰が語ったのか」というのが重要な時代である。

現代では、誰でもなんでも言葉を発信する権利がある。
その分、言葉は世界中に満ちあふれている。その分、誰がその言葉を発したかで、聴いてくれる人は決まる。

当時、考えたことを文にして残す権利は、一部の上流階級の特権だった。
だから文として形になっただけで、「誰が語ったのか」はあまり顧慮されないのかな。

『おくることば』1〜3 町田とも子

おくることば(1) (シリウスコミックス)

おくることば(1) (シリウスコミックス)

死んだ人が主人公。

これも、漫画が電子で読めますよ…みたいなアプリの宣伝で、うっかり続きが読みたくなって、まあKindleで購入したわけです。
最近こんなん多いなあ。で、こういう漫画って、とりあえず屋台のジャンクフードみたいに、惹きは強い。

車にハネられて、死んだ高校生男子が主人公。
主人公は現実世界にいて、いろいろ見たりしゃべったりできるけど、周りの人間には存在を気づかれない。
あたかも透明人間のような存在で、その中で、自分を車の方に突き飛ばしたのは誰か……というのを探す、というのが導入部分。

絵柄は少女漫画ベース。3巻ながらストーリーはコンパクトにまとまっていて、ドラマとかにもしやすそうなプロッティング。
ぜったいジュブナイルドラマに採用されるわ、と思う。読後感もよかったし。

『働く君に伝えたい「お金」の教養』出口治明

ライフネット生命の出口会長は、経営者でありながら読書家、という、これまたゼロ年代に頭角を現した人。ホリエモンのようなタイプでもない、経営者でもありながらデジタルにもウェブにも明るい、というのは、ある種の類型の一つを形作った人だと思う。
例えば、マルクス・アウレリウスの「哲人皇帝」などと同様、出口さんは、「文人経営者」という称号を冠してもいいと思う。

基本的にはライフネット生命のコンセプトは、既存の生命保険が現在の若者のニーズを満たさないために、シンプルにリスクヘッジを考えた保険を正直な価格で提供する、というものだった。
当然そこには、今の勤労世代のライフプランとか、ファイナンシャルプラン、というものを考え抜いた上で商品を提供しているわけで、そうやって熟考したことを、商品提供という形ではなく、啓蒙するという形で若者に示している、というのがこの本の要旨。

出口さんの言説は好きなので、結構読んでいるのだが、Kindleに入っているのは下記のリストだけだった。
・仕事に効く教養としての「世界史」
明治維新とはなんだったのか
・リーダーの教養書
・「思考軸」をつくれ―あの人が瞬時の判断を誤らない理由

内容はまあ、いつもの出口節なのであるが、とりあえずうちの法人の新人に読ませるのなら、これとりあえず読んでおけ、という決定版かな、とは思う。
すごくわかりやすいから。