半熟三昧(本とか音楽とか)

半熟ドクター(とはいえ気がつくと医師20年選手だけど)の読んだ本とか音楽とか

『韓国 行き過ぎた資本主義「無限競争社会」の苦悩』

オススメ度 70点

どうも東アジア系の情報を収集しようとすると、それが嫌韓・嫌中・ネトウヨ視点で発せられたものなのか、それとも事実なのかが判断しにくい。
つまりバイアスがどれくらい混じっているのかがわかりづらい。

報道の中立性なんて昔からないけど、最近は特にひどい。
例えばこの前の菅総理とバイデン大統領の会談なんて、「この上ない成功をおさめた」という記事と、「外交儀礼上のプロトコルでいえばけんもほろろの対応だった」という記事の両方があるわけで、もはや、どちらが正しいか、鵜呑みにはできない状態ではある。

韓国は苛烈な競争社会で、そのために社会は歪んでいますよーというのが一言でいうと本書の内容。
ただ、感情的なバイアスというよりは事実ベースのようにも見えるが、その辺もなんともいいがたいよね。

ただ、OECDベースでみても日本よりも韓国のほうがグローバル人材の育成には成功している。
しかし国内資本蓄積が低く、内需に頼れない現状で、海外マーケットに依存しているのは現実だ。

その中で韓国は経済成長という点では健闘している。
それを達成するためには日本よりは無理をしなきゃやれんだろうな、とは思う。

日本はこの韓国よりは「ヌルい」日常を選び(選ぶ余裕=資本蓄積があったのも事実だ)今にいたる。
長い目でみると、韓国の後塵を拝するよな…こんな体たらくじゃあ……と昔は思っていたけれど、最近はそうでもないのかもなと思ったりもする。

国というものを人間の体に例えると、頭の部分は日本は韓国にだいぶ負けていると思う。
ただ、それは置かれている状況が韓国の方がだいぶ苛烈であるからだと思う。

似たような民族特性で、別の世界線を走っている韓国。
非常に興味深いとは思うけれど、なかなかデリケートな問題が多くコメントはむずかしいやね。

仕事はジャズ『Gig Work』

GIG WORK(ギグワーク)

GIG WORK(ギグワーク)

以前にも長倉顕太氏の本は読んだことがある。
halfboileddoc.hatenablog.com

ホリエモンにも近いところがあるけど「ニューノマド系」とでもいいたくなる仕事のあり方を謳っている本。

  • 「安定」ってそんなにいいか?
  • 年金とか日本の制度なんて将来絶対破綻する
  • 若いうちフルタイムで働いて、歳を取ると年金だけで優雅に暮らす、という考えが不健全。
  • デフレっていうのは、何もしないことが得策になるわけで、消極的なやつが多いよな

予測不可能な時代、安定を捨て、飛び出そう。
資本家でも労働者でもない「ギグ・ワーカー」になってほしい。
というのがこの本の趣旨。

  • リモートワークが増えてゆく現状は、どこでも働けるようになっている。
  • 下請けになるということは生殺与奪権を他人に握られることを意味する。
  • 現代は製品化するビジネスよりコンテンツ化するビジネス。
  • コンテンツビジネスは、限界費用が限りなくゼロに近いので、売れれば売れるほど利益が大きくなってゆく。
  • しかし多くの人がコンテンツに価値を感じているわけではなく、そのストーリーの一員になっている自分に価値を感じたいのではないか。コンテンツのベースになるのがコンテクスト。
  • 人は明確な役割を与えられた時に力を発揮する
  • 今の時代に必要な「アティチュード(態度)」は「自分を還元する」ということ

全部書いちゃうと、著作権侵害になって。
キモの部分は書かないので、ぜひ読んでみてほしい。
どうしても時間がなく、プラクティカルな結論だけ欲しい場合は第7章だけパラパラと読んでもいい。
そういうギグ・ワーカーへのアドバイスが書かれてある。

概念的には新しいけど、別に突飛な話じゃない。
集約すると、ビジネス本の類型的なTipsは、そう大きくはかわらない。

ただ、Gig-Workという言い方は、まずまず新しいと思う。

オーケストラ、ビッグバンドのように高度に組織化(オーガナイズ)された組織にて何年も通用する堅牢なルーチンを作り上げるのが前時代のビジネスのありかただとすると、コンテンツの賞味期限が短くなった現在、まるでジャズのセッション=ギグのように少人数が集まって迅速に意思決定を行い、ビジネスを展開する。
これが現代のビジネスのありよう、ということですね。

そういう時代には、ピンで動く人材が活きる。
コンテンツを作れる人が、巨大会社組織ではなく個人(もちろん税法上の利得があるので、起業し会社化はあるが、昔のような組織化をあんまり考えなくていいということだ)として動けるおもしろい時代だ。

私はサンデージャズマンでもあるので、こうした概念についてはすんなりと理解はできる。
ただ、補足しておくと、セッションで自由に振る舞えるミュージシャンは、ビッグバンドの平均的なミュージシャンよりも随分と音楽力が必要とされる。それと一緒で、ギグ・ワーカーのビジネススキルの要求水準は結構高いんじゃないかと思う。

 * * *


halfboileddoc.hatenablog.com
本書の裏付け的な内容として、この本もあげておこうか。
大きなトレンドとして、かつての垂直統合モデルに優位性がなくなったため、大企業のメリットがなくなりつつある。
21世紀は産業革命以前の「工房」のような開発企業がICT、ネットワークを駆使して世界に発信できる時代になるのではないか、という話。

『せんせいのお人形』

二度目のGW=ガマンウィーク。今年は私も去年ほどの自粛はしてないが、もともとGWは守りの期間なのだ。
本を読んだり、動画を見たりが多い。

最近はWebコミックも読んでいる。
Webコミックの漫画本化は、正直なかなか難しい部分もあるのだろうなと思いつつ。


名門女子校で教師をやっている独身男性のもとに、親戚のところをたらい回しにされていた遠縁の女子高生がやってくる。
彼女は、ろくすっぽ話もできず、周りのことにも人生にも興味をもてない彼女に、先生は教育を施してゆく……

という、聴いたことあるような、ないような話。

「ネグレクト」された子供の話、という今どきの題材でありつつ、
マイ・フェア・レディ』とか『ヘレン・ケラー物語』みたいなのを足し合わせた、古くて新しい話。

だがこれが、主人公の性格描写とかがなかなかいい塩梅にリアルだったり、同じクラスにいた天才の同級生の話とか、旧華族的な親戚・遠縁の話とかがほどよく散りばめられて、読ませるものがある。
今どきの物語にありがちな、シリアスさには欠ける甘い展開であるけどね。

教育って難しいね。
今回のようにタブラ・ラサ=白紙の状態から、一人の人格を育てるパターンは、それはまたそれで教える側にとっては、ピグマリオン効果を多分に念頭におくことで、自分の支配欲との葛藤があるだろう。また、教えられる側にとっての陽性転移感情も、このような閉鎖的な状態での異性関係については問題になるところだと思う。

教えると教えられるという関係性にはエロティックなものが必ず介在する危険がある、といったのは、自らも教え子と再婚した内田樹であったかしら。

このブログには書いたことはないが(前身のBlogに書いていたような気がする)『鈴木先生』は、そういう教育のめんどくささに正面から向き合った作品じゃなかったかと思う。よう知らんけど。

マイ・フェア・レディは、オードリー・ヘップバーンの代表作の一つ。粗野な若い女性をレディにしたてる変人の大学教授という構図は、この作品に似通う点が多い。

マイ・フェア・レディ (字幕版)

マイ・フェア・レディ (字幕版)

  • 発売日: 2020/09/01
  • メディア: Prime Video

ネグレクトされた子供については、つい最近こんなのを読んでいた。
halfboileddoc.hatenablog.com

ただ、現実はそう甘いものでもない。

捨てられたのが女性ではなく男で、誰も助けてくれないと、このようになる。
halfboileddoc.hatenablog.com

これもバッドシナリオの一つ。ネグレクトの果てに性の陥穽に陥ってしまうと、こうなる。
halfboileddoc.hatenablog.com

『葬送のフリーレン』

マンガ大賞2021大賞。手塚治虫文化賞新生賞受賞と鳴り物入り
Twitterとか見ていて、抜粋が広告で出ていたので、読んでみた。2020年からの連載で現在4巻まで刊行のハイペース。

勇者一行が、魔王を倒し、世界に平和が訪れた。
そのあとの後日譚。
エルフの魔法使いフリーレンは解散した勇者パーティーから、「世界中の魔法を探す」という自分のミッションに戻り一人旅を続ける。
淡々と単独行を続けるフリーレンだが、50年に一度降るという「半世紀エーラ流星」を見た4人は次回もそれを見る約束をしていたのを思い出し、すっかり年老いた勇者ヒンメルと再会するフリーレン。
その後勇者は死に、彼の葬儀でフリーレンは予想外の悲しみに当惑する。
……という話。

不死のものと定命のものとの考え方の違い、それによって起こる気持ちの揺れ動きなどを丁寧に描く。
いわゆるファンタジーものとしては変化球もいいところで、大きなイベントも起こらず、淡々と物語は進む。
あくまで、物語が終わったところから話が始まるので、ベタな起承転結感を感じさせない。
きわめて「第二楽章」的な物語のテンポである。

誰も倒すことができず、封印するしかなかった敵側の魔術師が、封印が解けた80年後、外界の魔術研究が進み、強力な魔術がすでに標準的なものに堕していた、という話であるとか、探している魔術書の作者とフリーレンとの関係であるとか、この舞台にして、丁寧なプロッティングで、世界を奥深く描写するさまに感心する。


不死ならではの悩みっていうのは結構面白い着眼点だよな、と思った。
しかしこれって、一見特殊な状況と描きつつ、実は普遍的な感情であったりするのだ。
例えば、犬や猫を飼っていると、15-20年で、凝縮された一生を送り、自分よりも先に死んでゆく。
不死のエルフが人間をみる視点は、我々が家族のように接する飼い犬や猫を見る視点に極めて近い。


アルジャーノンに花束を』もそういう、特殊な話と見せかけた普遍的な話だった。
あれも、天才的な頭脳を持った主人公が、人よりも早く老いてゆくという悲劇であるが、多くの人間は中年以降、昨日より今日、今日より明日と衰えてゆくわけであり、衰える恐怖という物自体は普遍的なものなのである。だからこそ、多くの人の共感を呼ぶ。

不死の悩みでいうと、手塚治虫も同様のモチーフでの作品がいくつかある。代表作は当然『火の鳥』であろう。

火の鳥 1

火の鳥 1

他には、高橋留美子人魚の森』もそうだよね。ダンジョン飯』最新刊も同じ悩みが主人公達の行動原理になっていたりもした。
ダンジョン飯 10巻 (HARTA COMIX)

ダンジョン飯 10巻 (HARTA COMIX)

僕は「世界の終わり」ものがとても好きなのであるが、
halfboileddoc.hatenablog.com
『銀河の死なない子供たちへ』 - 半熟三昧(本とか音楽とか)

(これはBlogに記録してなかったか)
のあたりも不死の哀感があるかなあと思う。

* * *

葬送のフリーレン、通俗的なファンタジーの変奏曲として、どう話が展開するか、非常に楽しみである。

『やくざときどきピアノ』

ヤクザときどきピアノ

ヤクザときどきピアノ

『サカナとヤクザ』『ヤクザと原発』などで知られる鈴木智彦氏が、おとなになってピアノを弾きたいなと思い、一念発起してピアノ教室に通い、かわいい顔して達人であるレイコ先生の手ほどきを受けて、ABBAの『ダンシング・クイーン』を弾くまでのドキュメント。

この前の「GAFA部長」と同じく、この人は「ヤクザ」を自分のアイコンにしているんだなー。

長い本ではないし、中年男性のビルドゥングスロマンとして、感動があった。

ピアノ教師レイコ先生の描写がとても魅力的であった。
ピアノが弾けるようになる、ということはどういうことか?
できないことが出来るようになる、というのはどういうことか。
そういうことを考えさせられる本であった。

  • ピアノを弾くのに感情を出し惜しみしないこと。
  • ピアノを弾こうとしなければ、俺は死ぬまで音楽の奥行きに気が付かなかっただろう。
  • 上達の度合いは違う。才能の違いはどうにもできない。でもね、練習しないと弾けないの。弾ける人は練習をしたの。難しい話じゃない。

私も、家を建ててピアノを購入してから、ちょっとジャズピアノに力をいれている、遅咲きのピアノおじさんなので、この気持ち、よくわかるよ……。
だんだんと出来ないことが出来るようになってゆく。世界が広がる。
そして、今まで漫然と聴いていた演奏の、観るべきポイントが変わる。
すなわち、世界の見えかたがかわる。

音楽は人の人生を変え、人生を豊かにする。
僕もそう思う。


halfboileddoc.hatenablog.com
ジャズで人生を変た大江千里のニューヨーク生活録。
ポップスとして名を成した人間が、いちからジャズ・プレイヤーになるなんてことがあるのか。
それがジャズの持つ魔力のようなものかもしれない。
アメリカのジャズの学校では当然ながらAny Keyでスタンダードの練習をするということで、大江千里は四苦八苦しているさまに、僕は戦慄しながら、そりゃそうだよなとAny Keyの練習を家でもやっている。吐きそうなくらいしんどいときもある。

* * *
実際の鈴木氏の発表会画像がこちら。

www.youtube.com

全く話はかわるけど、ピアノ経験ない漁師が独学でラ・カンパネラ弾けるようになりました、っていうトンデモナイ話もあるわけである。それがこちら。

www.youtube.com

『定年前、しなくていい5つのこと』

オススメ度 100点
「成仏」は言いたい人いるわ……度 100点

Kindle日替わりセールにて、だったと思う。
新書の中ではあたりの本ではないかと思う。

定年を見据えて、生活を見直しましょうね、という至極まっとうな内容なのだが、肩肘はらずに、しかしやったほうがいいこともきちんと示していて、「ちょうどいい按配」感がある。
今46歳の自分、老後についてはまだまだ考えは及ばないけど、自分の衰えを日に日に痛感するし、日頃高齢者の方を多く診療している身には、リアルではあった。

・老後の2000万貯蓄が必要にはだいぶ誤謬がある
・年金と貯蓄の混同をするな
・まとまった退職金を目にして行動が変わることに要注意
・収入を…と考えるより「支出」を減らす努力をしよう。現役のころの、時間を金でかい、省力化を金で買っていたやり方を、やめよう。
・サラリーマン的な考え方をやめよう(仕事は趣味。強制されないことを楽しむ。)
・男性よりも女性のほうが老後は得意。女性はアウェイの立場でずっとやってきたわけだから。男は定年になって初めて社会がアウェイであることに直面する
・夫「今までは仕事人間だったから」と言いますが、正直いってサラリーマンなんてそれほど大した仕事はしていません。会社人間だっただけ。
・奥さんのほうが遥かにやることがたくさんある。独りよがりにならずになんでも話し合って決めること。(相手の邪魔をせず、相手を尊重する)
・「名もなき家事」をきちんとやろう。
熟年離婚は、経済的なことをいうとあまりプラスにはならない。
・地域社会に出るときの注意(雑巾がけから始める覚悟。ギブファースト。貯蓄より貯信、貯人)
・きちんと仕事を継承しよう(「成仏」しよう)

古代インド哲学の林住期(50-74歳)・遊行期(75歳以降)を意識して生きてみよう、ということであった。

林住期 【五木寛之ノベリスク】

林住期 【五木寛之ノベリスク】

ライフ・シフト (これ積ん読なんだよな…)

人生の後半に至り、若い人とは違う、社会への参加・コミットの仕方があるんだよなあ。と思う。
これは今後10-20年考え続ける必要があるだろうなあ。

「成仏」の仕方。
これは、今の僕の年代から少し上の人くらいに、とても刺さる内容だと思う。


halfboileddoc.hatenablog.com
これは、あまり定見なかったり、老後の生活変化に適応できなく、貧困生活を強いられる高齢者のルポ。
バラ色でない老後はこんな感じです。

halfboileddoc.hatenablog.com
本中では「妻のトリセツ」を取り上げていたけれど、その人が書いた本。
♪男と女の間には〜の、男女間の考え方の違いをつぶさに切り込んだ本。

「入り口」としてちょうどいい本だと思いました。
同年代からもうちょっと上に勧めたいです!

『面食い(ジャケ食い)』

オススメ度90点
わかるー度 100点

面(ジャケ)食い

面(ジャケ)食い

孤独のグルメ』『食の軍師』の原作で有名な久住氏の本。

全国各地(一部海外あり)の事前情報なしで店のツラ構えだけで店を決めて、美味かった記録。
おそらくは、チャンピオンデータだけ集めていて、うまくない店も失敗した経験もあるのだとは思われるが、長年やってる地元に愛される店の描写が楽しい。

久住さんはミュージシャンでライブとかで結構全国まわってるんですね。
ちなみに、ジャケ食いは、ミュージシャンらしい言葉で、CD・LPのジャケットだけでエイヤッと買う行為を「ジャケ買い」というのである。それをもじったわけですね。

谷口ジローが生きていたら挿絵は谷口ジローになったのかもしれないが、『食の軍師』の泉さんが挿絵。
泉さんの絵は、谷口ジロー氏に比べると、くだけているせいか、本の格調も2段階ほどさがり(表紙などは、ほんこん?とか思いましたよ。インパクトあるなあ。キング・クリムゾン感を出そうとしたなら、それはちょっとあまり成功していない気がする)

クリムゾン・キングの宮殿

クリムゾン・キングの宮殿


池波正太郎的が、よく小説で描写する『着古された服はお世辞にも立派とはいえないが、垢じみておらず』みたいなていの店が、畢竟いい店なんだと思う。

グルメ情報などを頼りにうまいものを食ってやろう、というのは、店を割とシビアに切って切って切り捨てる行為なわけで、ネガティブセレクションで、そんなに好きじゃない。
店に肯定的で「いいとこさがし」をするのは人のあり方として好感がもてます。

大体、そんなクソまずい店なんてそんなないのである、と僕は思っています。
出されたものを虚心に食べればよろしい。

そういう店に対する肯定感(心の広さ)については、清野とおる出世作『北区赤羽』に近いし
halfboileddoc.hatenablog.com

グルメ批評ではなく、店のありようとか、長年店をやってきた店主への寄り添う共感の優しさの点ではこの本にも近い。
halfboileddoc.hatenablog.com

ちなみに、CD過去3000枚くらい買った僕ですが、ジャケ買いではいろいろ失敗したなあ。