半熟三昧(本とか音楽とか)

半熟ドクター(とはいえ気がつくと医師20年選手だけど)の読んだ本とか音楽とか

『世界が土曜の夜の夢なら〜ヤンキーと精神分析』

「ヤンキー」とは何か。日本においてヤンキーという文化はどのような効用があるのか。
ということを滔滔と論じている本。
少し前に入手していたけど、Kindle積読になっていたもの。

我々の文化には「ヤンキー」的価値観が通奏低音のように存在している。
ヤンキー的美学はマーケット的な成功につながりやすい。不良でもない一般人にも「ヤンキー的なもの」への憧れが存在するからだ。「不良文化」とは異なる文脈でわれわれの日常に潜在する「ヤンキー性」をはじめて指摘したのはナンシー関*1

以下、備忘録というか、メモ。
「おたく」という文化、「ヤンキー」という水と油のような存在。
男女の印象の違い=男性は所有原理、女性は関係原理
ヤンキーファッションとは、ファンシー性(ファーとか)バッドセンスなど

オタクの「引用」を会話に反映させる有様と、ギャルやヤンキーはそうした「引用」の身振りとは一切無縁=オタク語のエクリチュール(書き言葉)に対してギャル語はパロール話し言葉)。

「気合」とは?アゲ
ヤンキー系バンドに共通するのはヒット曲や佳曲は数あれど、音楽シーンへの影響力は比較的弱い
ヤンキー系バンド、もしくはメディアにでるヤンキーは「パロディ」 メタ視点。スタイル先行型
リアルなヤンキーファンションも、「先輩」に舐められないように「攻撃

ヤンキーの本質とはキャラクター性か。
坂本竜馬白洲次郎はヤンキー文化に属する存在なんじゃないか。
現代でいえば、キムタクの人気のあり方が、ヤンキー文化を理解しやすい。

* * *

斎藤環の主張であり、これが事実、というわけではないが、かなり腑に落ちる論考であるなと思った。
この「ヤンキー論」は、日本の社会の説明に、いろいろ敷衍することができる。

例えば、なぜ看護師にヤンキーが多いのか。(看護の本質は母性であり関係原理であるから)
ジャズがなぜ日本でメジャーたりえないのか(ジャズにはヤンキー要素がない。例えば、トロンボーン・ショーティーとかはどちらかというとメジャー人気を博するもので、こういう形を狙っていかないと、日本でもジャズはメジャー化しないと思う)

*1:ナンシー関が亡くなってもう20年にもなるなあ…

『Branding本質から学ぶ付加価値の意味』

経営者的なえらげな立場で「人の話を聞きますよ」ってえな態度でいると、なんか色々本とかが手元に届く。
これも、多分、対面営業の証券会社の人が呉れたもの。

ちなみに私はこういうビジネス本を読みまくるマン。
その私の目には、この本は何を言いたいのかがわからない本だった。
読みやすいのは読みやすい。
 それに一つ一つのエピソードは経営のモデルケースになるような話を取り上げている。
 そういうのが続く。
 別にそんなに悪い本でもないような印象。
 しかし、通読した時に、おそろしいほど、なんにも残らないのである。

これは、私の勝手な想像だが、この作者に、読者に絶対に届けたい内容が、ないのではないか?
内発的動機が乏しく、熱量が少ないのだ。
小節単位ではコードに即したソロを演奏しているけど、全体を通して聞くとよくわからない、二流のビバップ奏者のアドリブのような印象を与える。

おそらく、ゴーストライティングした時点で、もう少し大胆に編集を行い、メッセージを明確にしておいたらこういうことにはならなかったんじゃないかと思う。戦略を熱意のない他者に委ねたら、おうおうにしてこうなる。

* * *

多分、この本は「ビジネス業界の毛づくろい本」のいい例ではないかと思う。
おそらくだけど。
著者は社長で、コンサルタント歴もあり、話すのはかなり得意な方。
コンセプトに基づいて語ってもらった内容をゴーストライターが書いて一冊の本に仕立て上げたような印象。
僕のところにも回ってくることからもわかるように、ある程度お付き合いのある企業に配本する前提でロットを見込んでいる。
だから、商売としては「まわる」。ビジネスとしては手堅い。

ただ、ではこの本がだめかというと、そうとも言い切れないのかも。
私はどちらかというと視覚優位の人間。 だからこういう感想になるのかもしれない。
しかし、俯瞰でみると印象が薄くなるという欠点も、例えばこの本を「オーディブル」読み物としてインプットしたら、むしろすんなり入ってくるのかもしれない。そんな感じはある。

参考:

ブランディング」に関する本、自分の中では結構読んでいたはずだけれど、意外にBlogにはあげていない。
なんだろう、咀嚼しにくいのか。
halfboileddoc.hatenablog.com
Bリーグに関する本。

積読の中にはこれがあった。

halfboileddoc.hatenablog.com
halfboileddoc.hatenablog.com
この辺も付加価値に関する言及があるやつ。

堀井憲一郎『やさしさをまとった殲滅の時代』『いつだって大変な時代』

堀井 憲一郎は、京都市出身のフリーライター、コラムニスト。週刊誌「週刊文春」に「ホリイのずんずん調査」を長期連載していたほか、テレビ・ラジオへの出演もある(Wikipedia)。ま、マスコミとか時流に乗って生きていた人である。
そういう人が、時代について語っている本、二冊。

『いつだって大変な時代』は、2010年からこれから先の時代を生きる時に、どうやって考えていこうかなあ、みたいな本。
コロナより随分前、2010年代の黄昏感を反映しているようだ。

「大変な時代」ってあんまり言わないほうがいいと思うよ。

  • 人はいつだって今は大変な時代だ、と答えてる。でも「今は大変な時代だ」と屈託なく言えるのは、自己愛の表れである
  • あとからならなんとでも言えるよ、それはずるいだろ、という意識がないと、どうなるか。あとから考えた意識で、当時の自分の意識を塗り替えてしまう
  • 日常を維持して、毎日を過ごしてゆくためには、いまは大変な時代だ、と考えていた方がラクなのである。

 今の時代感も、因果応報だよね

  • 集団を形成して、その集団が破れないようにしておくことが、われわれが種として存続する最低条件なわけ(中略)その枠内で「個性をもって生きる」のは、集団の事情が許す限りはいいことだと思う。
  • 個性ばかりを尊重してゆくと、死が隠されてゆく。世界にふたつとない自分の存在という自我ばかり拡大していくと、世界がどんどん歪んでいく、ということである。
  • 個が完全に尊重される社会では、子供は増えない
  • 社会が貧乏になり、集団への帰属が高まると、少子化はとまる
  • 無縁社会は必死でわれわれが頑張った結果である。おれたちは無縁社会を作ろうとすごく頑張った。無縁になっても大丈夫、無縁でも生きていけるという社会ができて、すごく喜んでいた。
  • 有縁社会というのは、たとえば結婚相手は自分で選べない。(中略)人は社会存続のための道具

過去の総括っていうのも、やり方を考えないと。

  • バブルは、はっきり言っておくが、あれは、貧乏人の祭りであった。貧乏人の祭りでしかなかった。その感覚が消されてしまう。
  • 戦争の被害者に語らせても、あまり意味がないでしょう。(中略)そこから「その災害を引き起こす原因はなんだろうか」という教訓は全く引き出せない。(中略)それよりも戦争反対者がやらなければならないのは戦争を積極的に支持していた市民に、きちんと語らせることだろう。おいそれと語ってくれないだろうけれど。
  • 成人男子の存在は、本来かなり無駄なもの(男子は存在そのものがブリコルール)
  • マジに行動しないとやばい時」は、まず、人は騒がない。黙って行動する。なんだか妙だなと思ったときは、みんなと同じように動かない方がいい
  • そもそもいまの政府は、私たちの反映である。あの人たちは私たちなのだ。(中略)彼らさえうまくやってれば、もう少しましなことになったんだろうと、そう考えることがなかなかできない。

というような話が、語り口調のようなモノローグで語られる。まるで焚き火を前に口を開く村の古老のように。


『やさしさをまとった殲滅の時代』は
1990年代から2010年代を振り返って「あの時代はこういう時代だったんだな」と総括している本。
都市生活を営み、時流に乗っていた筆者が、静かにその当時の時代を振り返って書いているさまも、これまた重みがある。

  • バブル〜1990年代。圧倒的な変革が静かに貫かれていた時代
  • ゼロ年代は「見た目のクリーンさが整えられ、そのぶん生活危険度が増してゆく」時代でもあった。
  • インターネットや電子メールが画期的だったのは「お遊び」分野での連絡が飛躍的に簡単にとれるようになった、ということ
  • インターネットは「新しい善きもの」として降臨した
  • 「自分より上位のものをひきずりおろす「呪い」の力が始動した瞬間(日韓Wカップで韓国とドイツ戦で、2chの呼びかけでドイツを応援する日本人が集まった)
  • 父性というのは、社会全体で不要だと判断すると、きれいに消えるのだ。
  • ゼロ年代は少女たちの性欲の開示の時代でもあった
  • 祭壇のない祭り(コミケ
  • 若い男性の「世間」の消失。
  • クリアでソフィスティケイトされた社会では若い男の居場所がなくなる
  • 街の動きを情報誌が捉えて拡散する雑誌の機能。男性のコミュニティがなくなってしまった。
  • 「公的な視座がなくなり、「私」からの糾弾になる
  • 若者の現場から「目に見える暴力性」がどんどん抜かれていっている。
  • 個が尊重され、その結果、美しく孤立する。美しい孤立に慣れてしまえば、見知らぬ人と連帯してゆくのは、ただ面倒に思えてくる。
  • 社会の中心に据えられるのは「母の持つ包容力」になる

2つ読めば、筆者の主張はなんとなくわかる。そして世代論的に、うなづけるところも多い。

* * *

しかし、なんだろう?この読み味。
新しい話は一切ない。かつての我々、今の我々の在り方を振り返っている。
難しい語彙もないし、語り口は平易だ。
なんだかぼそぼそと述懐しているようだが、しかし語っている内容には、はっとさせられる意味はある。
でも新しい情報はない。でも、通ってきた我々の足跡、考え方を整理するには、ちょうどよい本だ。

肉や魚のような派手さはないが、自分頭の中が整理された気がする。
うん、つまり、「食物繊維」のような読み物だな、と思った。

『古代中国の24時間』『古代ローマの24時間』

生活者としての当時代人の生活(主に衣食住に関するところ)を、24時間に区切って、朝起きてから寝るまでを活写した、という体裁の本。
元ネタは、後者の「ローマ人」。
同じスキームで古代中国版を書いたのが前者。

NHKにも『タイムスクープハンター』とかありましたけど、雰囲気としてはあれに近いかも。
別の時代を生活者のレベルで親しむのは、その時代に通暁していないといけない。
 そのため、歴史学者の目を借りて、現代人との地続き感の生活者の視点が得られるのがこの形態のいいところ。

まずは、衣食住などの目に見えるもの。
そして、社会システムや政治機構などへの説明。
そして、常識とか現代人との考え方の違い。
そういった様々なものを「二十四時間観察」という体裁で適度にシャッフルして紹介するから飽きない。
エンタメとしての古代史。

考えてみたら、ローマ人とか古代中国人の生活史とか、別に今の我々にとっては完全に不要な知識だし。

ま、言ってみれば「地球の歩き方古代ローマと古代中国」というやつである。
そして、古代ローマや古代中国には、絶対行かないわけである。

読んだ内容にも面白い部分がかなりあったが、これは一読されたし、と結んでおこう。

『言葉を減らせば文章はわかりやすくなる』

そのまんまの本ね。

この手の文章術の本、大概読んできたけど、これは、読みやすさに振り切っていて、潔い。
字数も少ないのですぐ読める。

結局、長々と書いたって読んでもらえないし、これくらいに考えておく方がいい。
私などは濫読家であり、長い文章を苦にもしないが、普通はあんまり読めない。

参考

halfboileddoc.hatenablog.com
これが、一番近いのかもしれない。

古典中の古典、本田勝一のこれも、やはり大きな意味があるとは思う。



halfboileddoc.hatenablog.com
halfboileddoc.hatenablog.com

『紛争だったら八田まで』

イギリスに本社がある企業に地政学リスクコンサルタントとして勤める八田百合。彼女の仕事は、地政学に基づいた知性と、ちょっとの荒技で世界中の事件を解決すること。そんな彼女に依頼を出してきたのは、ミャンマーにある日本の企業だった…。

地政学」が漫画のコンセプト。
グローバルないろいろな国でのトラブル解決を行う女性。
地政学という言葉をダシにした「トリックスターによる大岡裁き」というのが漫画の本質で、まあそれ故に面白い。*1

そう、漫画としては「地政学」であったり、各国の国内事情の問題解決プロセス、コンサルタントという仕事の思考プロセスを見ている点では、
割と専門的で面白いのであるが、
しかし、読み味にすごく既視感がある。
それは「大岡裁き」なのである。

* * *

最近知った知識であるが、『地政学』というものは、確立した学問体系ではなく、厳密性がない点ではトンデモ科学と言われても仕方がないということ。
確かに、歴史や地理、政治の中の法則性を見つけたような気になっているけど、学問として必要な、
普遍性、再現性、定量性は希薄ではある。
ただ、知っていると思考の枠組みを立てやすいという効用は間違いなくあるのも確か。
経営学、みたいなものなんだろうか。

話を漫画に戻しますと、パーマネント・トラベラーに憧れている人には、主人公のコスモポリタニズムはさぞかし魅力的にうつるよな、と思う。
ただ、コロナ禍で分断された世界の中では、当初の漫画への憧れや輝きは、幾分か減殺されてしまっているように思われるけどどうか。

*1:その意味では大岡裁きというよりは遠山の金さんかもしれない

おかゆネコ

ちょっと前に買って読んでいたのだけれど、二巻で止まっていた。
Kindleを見返してみて、7巻まで読んでみたわけ。

一人暮らしの男のところに、祖母が飼っていた猫がやってくる。
猫は『よろしくな』としゃべる。

「なんでしゃべるの?
「ちょっと前にしゃべり病にかかったらしい。」

しゃべり病という、ない病名をしれっと出すところ。それについての一切の説明もないところ。
この辺りはいかにも吉田戦車らしいと思う。

ビール会社で働いている主人公、主人公の上司の愛猫家、近所の母子とその夫、その同僚の研究開発部の女性、その父親、甥、出家したライオン(しゃべり病の先輩)、おかず犬。などなど多彩な登場人物が織りなす脱力ワールド。

吉田戦車も、大ヒットした「伝染るんです*1の頃は、ことさらにシュールで説明ないスタイルだった。???が飛びまくっていたが、その当時はむしろその理解不能性が斬新だったのだ。
それから考えると、おかゆねこは、随分親切でわかりやすいと思う。
決して流行りの画風ではないのだが、いい感じにキャラが空間を縦横無尽に動いている。うまいよな、やっぱりこの人。

しかし「お粥」というかなり珍しい特定ジャンルの料理漫画で、
なんと!七巻も続くのである。

はっきりいって、お粥とか割とどうでもいい感じのストーリーテリングではあって。それでも漫画が続くのは登場人物の住む箱庭の世界観の心地よさ、というところだろうか。
しかしうたた寝から突然目が覚めたかのように物語は終わる。

主人公と同僚の女性との間の微妙な距離感が結局どうなるのか、と思っていたが、そこについては、結局曖昧な感じではあった。
その意味で七巻までひっぱりやがって……とは少し思った。

それにしても当時の不条理漫画の人たちも随分と老い、現役を続けている人も少なくなった。
自分も老いた。

*1:これも私が中高生の時分の作品なので、今の若い人に見せても全くピンとこない