半熟三昧(本とか音楽とか)

半熟ドクター(とはいえ気がつくと医師20年選手だけど)の読んだ本とか音楽とか

漫画『ファブル』がいろいろと面白かった。

映画ファブル2が公開される番宣もかねて、メディアミックスといいますか、TVでも前作『ファブル』の再放送があったし、SNSとかにもファブルの宣伝がまずまず見かけられた。

前作の映画版『ファブル』もそこそこ面白そうだが、漫画版が存外に面白く、あれよあれよといううちに22巻まで読み終わってしまった。
うーん「ナニワトモアレ」時代は割と苦手で、この作者の漫画を敬遠していたのだが、ファブルは面白かったんだなあ。
主人公がそういうリーゼント風の細眉だから、同じようなテイストのものかと思ってた。
食わず嫌いに後悔。

常人離れした能力を持ち、冷静沈着で、むしろ感情の揺れもほとんどない天才的な殺し屋が主人公。
この主人公がとある事情で大阪のとある街に、一般人として(殺しを全く行うことなく)潜伏して暮らす、というところから物語が始まる。

筋書きや、主人公の能力の魅力もさることながら、ところどころのディテールが面白く、くすりとさせられたりホロリとさせられたり(特に主人公のバディである「洋子」のアルコールの描写とかは、ストーリーとかではないにしろ、この作者ならではの味が見られる)
いずれにしろ、裏社会のアクションありのお話にしては、ファブルは割と異彩をはなった作りである。

映画版のファブルは、岡田准一が主人公。
これはこれで面白い映画だとは思った。アクションもすごい頑張っていたとは思う。

ただ、漫画版は、孫氏でいえば「戦わずを上策とす」という感じ。
いざ戦いになっても機先を制して、乱戦に陥る前に相手の戦力の無効化を狙うような戦いをする。
それからいうと映画版の方が、ド派手な大アクションは見応えがあるけれども、ド派手なアクション=乱戦になっているさせられている時点で、能力が低く思えてしまう。
でも、漫画版を丁寧に映像化すると、多分絵的にすごく地味になってしまう。
ここは構造的な矛盾で、そのバランスのとり方が制作の悩みどころなんだとは思う。
(その意味では「よくできたアクション映画」という感じにおさまっていて、原作の異色っぷりは希薄ではあるように感じられた)