半熟三昧(本とか音楽とか)

半熟ドクター(とはいえ気がつくと医師20年選手だけど)の読んだ本とか音楽とか

『華僑の奥義ー一生お金に困らない儲けと成功の法則』

オススメ度 90点
ほほー度 100点

華僑の行動様式は我々日本人とは異なるし、西洋社会の常識とも異なる。
華僑=中国本土を離れて外国でビジネスをしている人間特有の、異分子との「歩み寄りのうまさ」がある。
と同時に、老荘思想などの東洋思想をベースにしたWay of Ruleがあり、それが併せ持ってできた華僑独特のマナー。

日本人にとっては、時には「逆張り」に見えることもあるが、今や彼らの方が世界経済の中では成功者にあたるわけで、知っておいて損はあるまい。
実際、一般の日本のビジネス本とは書かれていることが全然違っていて面白い。

華僑の行動様式としては、異国で、弱い立場での商売から出発するために、剛よりも柔を重んじる。
・華僑はよそものなので「勝つ」ことよりも「負けない」ことが何より大事。
・一位よりも三位くらいを狙う(消耗せずにすごせる)
・従わず・逆らわず、抜け道を常に探す。
・主語を「私」から「あなた」に変えて、会話を始めれば友好関係を築きやすい。
・人に言わせて、自分の意見を通す。
・「今は」仕方がない。将来的な解決策を探ろう。
・人がめんどくさがっているものに商機あり。人が困っていることを解決するスキルには需要あり。(損を避けるスキルは喜ばれる)
これは、ユダヤ人などでもそうかもしれない。下手から、顧客のニーズを掴み、商機につかむ知恵に長けているように思われる。

 ビジネスのやり方とかについても、特有のコツというものはありそう。
・自分よりレベルの高い人たちとの付き合いを求めるなら「借りを作る」のが最適。
・損きりの判断は早く。貸したものがかえってこないとわかれば、それはもうあげたものとしようと頭を切り替える。
・10儲かったら8を周りに分配し、自分は2だけとる。
・できない人は、できる人に貢献して一緒に上がる(世の中は不平等にできているが、それを利用する)エリートとは張り合わない。
・部下が脚光を浴びるようにしよう。(能力も経験も上司が上であることを見せつけると部下は育たない)。部下の功績は奪わない。
・順調じゃなくなってきたら、成功してきた証拠。トラブルは一歩一歩成功に近づいている証。失敗経験がある人は貴重。
朝令暮改を恐れるな。傷口を最小限で止める方策の一つ。
・起こっていることの犯人探しはしない。

この辺りのやり方をみると、日本人って、たとえ損をしようとも、是は是、非は非ときっちりしていくことが奨励される社会だけど、華僑は全くそうではなく、結果オーライの世界であるように思われる。


あと、個人としての生きかたにも特徴があるようだ。
・手帳は空白に(想定外がなければ飛躍もない)
・「自分へのご褒美」はご法度。(リュクスな体験は、お金持ちになってからの立ち居振る舞いを経験するため)
・節約はいいけど、ケチはだめ。
・お金は使うと増える
・お店は値切ってもらうことで永続的な関係を構築したいと思っている。(だから値切る)
・部下がおごるのは当たり前

この辺も日本的「フェア」な社会では少し面食らう部分ではあるけれども、成果・結果というのを前面にして考えるとむべなるかな、なのかもしれない。
とりいれられるところは取り入れていけばいいのだが、自分の思考様式・行動様式をずいぶん変えていかないといけないな。
めっちゃ感じ入る部分は色々ありました。