半熟三昧(本とか音楽とか)

半熟ドクター(とはいえ気がつくと医師20年選手だけど)の読んだ本とか音楽とか

カレー沢薫という人

最近、僕のKindleの中に、カレー沢薫さんの作品が微妙に増えてきた。

 きっかけは、なんかのキュレーションサイトで。(Cakesだったっけ?)「ブスの本懐」という、これまたキャッチーなタイトルの本が取り上げられていたこと。
 コラムの、淡々とした中に、妙にだったのだが、妙に印象的だったのを覚えていた。
「ブスの本懐」はその頃Kindle化されていなかったので、まず、負ける技術と、クレムリンを買って、読んだ。

「負ける技術」

負ける技術 (講談社文庫)

負ける技術 (講談社文庫)

は、カレー沢氏の日々の生活コラムではある。このコラムでも、通底にあるのは自分のブスぶりに対する冷静さと語彙の豊富さである。
なんてったって、著者の自画像は「陰毛」なのだから。その自己評価というか「こじらせ」というかは、かなりのところまで到達していると言える。

負ける技術は結構量もあって、割とお得な本であります。

一方氏の本業「クレムリン」は確かにモーニングで見たことがあったが、読まずに飛ばしていた漫画であった。
リズムやツッコミなどは一定のクオリティがあるし、ストーリーがつながる4コマとしては飽きさせないが、ローテンションのままダラダラと続く漫画である。いかにも平成の漫画という感じだ。
結構面白かったんだが、二巻まで一気に読んでしまおう、というふうにはならず、そのままにしている。多分、猫は好きだが、猫アレルギーなのであまり感情移入が出来ないからかもしれない。

やりへんというわけで、カレー沢薫さんは、語彙力はあるが、画力はほぼゼロの、コラムのような4コマのようなフィールドの人で、あくまでこれは漫画家ではないわ、とも思ったのだが、この漫画を読んで全然印象がかわった。コマ割も普通の漫画ですし、絵も、そりゃめちゃうまいとは言わないが(特に柔らかいもの(女体とか)の動きとか、そういうものだと、お世辞にもうまいとは言えない。でも『カイジ』の人よりは上手いと思う)、漫画としては全く成立するレベルで、ちゃんとしている。ストーリーやキャラクターは破天荒で、リアリティはないが、まあ面白い。
コラムと、クレムリンで、推量していた作者の力量を大幅に上回った。仕事のできる同僚が、カラオケに一緒にいったらやたらうまかった、みたいな感じだ。

アンモラル・カスタマイズZ

アンモラル・カスタマイズZ

アンモラル・カスタマイズZ

なるほど。多分、作者としては成長途上で、「クレムリン」から「やりへん」の間をつなぐ存在なんだろう。
絵はやっぱり下手で、視線がところどころ変だったり、デッサンはすごく狂っていたりするけど、ストーリーはなかなか共感をさそうものだし(ビルドゥングスロマンになっているのがよかったのだと思う)やはり極端な設定の中で、キャラは動いている。

「ブスの本懐」

ブスの本懐

ブスの本懐

かなり面白い本であるが、「負ける技術」と基本的な部分は変わらない。ただそれはマンネリというよりは、むしろ安定の面白さ、と形容してもいいと思われる。
読んで面白いのだが、作者も書いているように、結論めいたものもないし、後に何も残らない。
でも、破壊力のあるツッコミフレーズにハイライトをつけていくと、20−30個くらいになったので、多分後に残ると思う。

カレー沢薫、面白いですよ。コラムにおける毒をもったフレーズの貫通力はナンシー関のようであるし、メジャー誌の中でぞんざいに扱われる画力軽視のギャグマンガという意味では「チェリーナイツ」の小田原ドラゴン先生のようでもある。みなさんも是非一度ふれてみてください。