半熟三昧(本とか音楽とか)

半熟ドクター(とはいえ気がつくと医師20年選手だけど)の読んだ本とか音楽とか

『ジャズの「ノリ」を科学する』

f:id:hanjukudoctor:20191130075354p:plain:w180
(表紙画像)
オススメ度 100点
ジャズ研は各部一部ずつ購入すべし度 100点

ジャズ演奏者は必見のこの書だといいましょう。
九州でピアニストとして活躍するハイアマチュアの医師の先生の作品。

簡単にいうと、音源をスペクトル分析してベース、ドラム、フロント楽器が、どのようなリズム、テンポで音符を刻んでいるのか(つまり、プレイヤーがどういう風にフレージングしているのか)を数値化した研究。

結果は非常に面白いものだった。

スウィング時代=(Coleman Hawkinsを代表とする)はある完成したイディオムがある。
チャーリーパーカー のリズムの作り方はそれとは全く違う。
レスターヤングは、コールマン・ホーキンスとパーカーの中間。
マイルスは、タイミングとしてはチャーリーパーカーに似ているが、
その後、さらにBirth of the Coolの時代に、それを進化させたリズムを決定づけ、これがハードバップ期のリズムの原型になった。
ということだ。

スウィングでは、裏がレイドバックし、頭拍と裏拍の比率が、2:1とか3:2とかそういう決まった拍子で、グループが作られる。0-0.65-1みたいなタイミングで裏がある。つまり、裏拍と表拍の比率は 65:35という感じ。

ところが、バップでは、頭拍も裏拍も長さとしては、ほぼイーブン。ただし、頭のタイミングは、表拍はベースが鳴ったあと0.2拍後、裏拍は0.7拍 (0-0.2-0.7-1)という格好になっているらしい。

ええー?
実はバップで、表裏がスイングせずイーブンになる、しかしクラシックのイーブンとは確実に異なる、というのは気づいていた。しかし表拍がレイドバックしているとは思わなかった。
(なんとなくモノホンのモノマネでやっていたので)
タイミングとしてはスウィング以上にベースからはレイドバックしているけど、アーティキュレーションはイーブンという演奏の達意が、数値によって示されるとは…

でも確かに、この事実を目にすると、今までの謎が解ける。
 なるほど。なるほど。

ただ、学術論文として批判というか、意見をするとすれば、この研究では、BPMによらず、プレイヤーみは固有のハネ値(表拍・裏拍のポイント)があるという前提で解析しているけれど、裏拍の位置は比率だけではなく、絶対的な時間としても規定しうると思う。つまり、BPMが速い曲と遅い曲では、固有値からずれるはずなのである。その辺りは今後の研究を待ちたいところだ。

ジャズ研は、各部に一つは置いた方がいい。
すごく重要な事実が書かれていると思う。

”Blue Journey” 和田明 布川俊樹

オススメ度 100点
絶対31歳じゃないだろ度 100点

BLUE JOURNEY

BLUE JOURNEY

ジャズギタリストの布川俊樹さんは、私の住んでいる街福山にもよくやってきます。
そんな布川さんが、ある時若いボーカリストを連れてきたのだが、あまりのすごさにぶっとんだ。それが2年前。
ファーストアルバムもよかったが、今回は布川さんとがっちり組んでDuoでアルバムを作り。
レコ発ツアーをして、福山にも8月24日にやってきました。

まあ、すごいのよ、この人。表現も確かだけど、ジャズに必要なアドリブも、対応力もある。ユーモアもある。
歌もうまいしなあ。

stay tune - suchmos 和田 明の0号シリーズ。②

これ、サチモスの Stay Tuneを歌ってるやつですけれども、これでその実力の一端を推し量っていただければ幸いです。
で、和田さんギター弾き語りでもこのように全然できちゃうんだけど、ここに布川さんが絡むと、さらにいいバンドサウンドになる。
付かず離れずのいい距離感である時は完璧なバッキング、ある時にはソリストとして切り込み隊長。

アルバムそのものは、見た目軽い作りですが、いいですよ、これ。オススメ。
ジャズに限らず、Pops, R&Bの曲とかも入っているので、万人にオススメできます。

ぜひライブにも足運んでみてください。

「すごいジャズには理由がある」岡田暁生,フィリップ・ストレンジ

オススメ度100点
動画もご一緒に!度 100点

すごいジャズには理由(ワケ)がある──音楽学者とジャズ・ピアニストの対話

すごいジャズには理由(ワケ)がある──音楽学者とジャズ・ピアニストの対話

クラシックの専門家岡田暁生氏がフィリップ・ストレンジのところにレッスンに通っていろいろ面白かったので対談記事を作ってみた、という本。Youtubeにもこの本の内容の動画が挙げられている。興味があればまずそちらをみてもらえばいいと思う。

第1章「アート・テイタム」前篇〜『すごいジャズには理由(ワケ)がある』

僕もまず動画を観てから本を買ったのだが、動画だけだとつらっと過ぎてしまうようなところも、本だと理解しやすい。
反対に、本だけだとわかりにくい部分も、動画で、フィリップ・ストレンジ氏の実演が付いていると理解しやすい。
Youtubeと本とメディアミックスすると最も楽しめると思う。

私はアマチュアのジャズ活動をしているのでこういうジャズのスタイルについては比較的詳しい方だと思うが、それでも、フィリップストレンジ氏が、このスタイルはこういう感じで、とか紹介しているのはすごくためになった。
また、時代を切り開くようなジャズ・ジャイアントがどういうことを考えてアドリブや、サウンドを作っているか、ということも。

30年来、ジャズ・トロンボーンというのをやっているが、一つできることが増えると、五つくらい新しくやらなきゃいけないものが見えるのがジャズだ。特に6年前からピアノを始めてジャズピアノじみたこともやるのであるが、これがまたヤバい。フロントだけだったら、簡単に済ませていたものも、コード楽器のやり口というか、演奏の味付け、起承転結、フレージング、ボイシングには無限の可能性がある。

でもこの本を見て、自分に足りない部分がまだまだあることに気付かされた。アドリブ・フレージングの時の展開やボイシングの展開など。
一生かけてもここはもうたどり着けない場所なんだなあ…と嘆息する。

 ただまあ自分の立ち位置というのも少しわかった。
 ジャズでは、スウィートな音楽がはやる時代と、Biting(どちらかというとゴツゴツとした前衛的)な音楽の流行が交互にやってくる、という話。自分は紛れもなく、スウィートで破綻のないスムースな音楽が好きで、それに共感できるということだ。トロンボーンという楽器の特性もあるけれども、アバンギャルドな音楽よりも、よくできた精密機械のような音楽が好きなんだ。それは上下や貴賎があるわけではなく、ただそうである、ということになる。

まあしかし、動画と本と合わせて楽しめる。ジャズの知識がない方でも特に動画は特にわかりやすい。
入門編から中級編の間くらいに一度見ておけば、すげー理解しやすいと思う。

映画『Time Remembered』

Time Remembered: Life & Music of Bill Evans [DVD]

Time Remembered: Life & Music of Bill Evans [DVD]

Bill Evansの一生を映像・音楽とともに追いかけた映画。
そもそも制作が2015年なので、なんで今年日本で公開されたのかはよくわからない。

単館上映に近い配給だったので、たまたま時間があいていた29日の午前、渋谷Uplinkにて見てきました。

f:id:hanjukudoctor:20190629102246j:plain
渋谷Uplink 「奥渋」と言われる渋谷の奥の方にある。
渋谷Uplink、私は初めて行ったのですが(というか基本的に映画見に行かないので)60席で、いわゆる映画館らしい造りではなかった。

音響も映画館にありがちなドルビーサラウンドばしばし効いているところではなく、小学校の教室くらいのスペースのライブ会場みたいなところ(ステージの上手にはアップライトのピアノが置いてあった)に、カフェとかによく置いてある椅子を並べ、一応「映画館」にしている風情。

大抵映画館の最前列はスクリーンを見上げる形になり、首が疲れる。
けど、この映画館では、スクリーンはそれほど上の角度を見上げるようにはならない。
しかも椅子は、一列目だけニーチェアで、多分座りやすい。
今度来ることがあればぜひ一列目にしよう。


* * *

とりあえず、ジャズも30年くらいやってる自分は、ジャズ批評の"Bill Evans"も持っているし、一生のあらましは僕もよく知っていた。
音楽的な部分については、好きなミュージシャンでもあり、ヴィレッジバンガードの4部作の経緯なども、まあまあ詳しいつもり。

ジャズ批評 別冊 ビル・エヴァンス

ジャズ批評 別冊 ビル・エヴァンス


ただ、映画は、音楽そのものについての深い解説は少なく、人間Evansのあゆみ、についての話が多かった。
兄弟の話、つきあっていた女の話、ヘロインの話、など、など。

キャリアの初期に、ある種の極点に到達してしまったミュージシャンの悲劇、というべきなのだろうか?
しかしラファロと共作した4部作時代さえ、すでにひどい麻薬中毒になっていた。
Bill Evansの軌跡をみれば、「人生設計」という言葉がこれほど似合わない人生もあるまい。
おそらく、本人は一週間程度の時間感覚でしか生きていなかったんじゃないか。
マネージャーでさえ1年程度のスパンでしかスケジュールを設計できなかったのではないだろうか。
曲が溜まったら、調子がよかったらレコーディングをする。その繰り返しだ。

だからこそBill Evansの後半生は、作品の完成度としてはそんなに悪くないものの、どことなく精彩を欠くように感じられてしまうのだろう。要するに、作品に「作者が創作する内発性」を感じられないのだ。
そしてそれは伝記を見通しても、やはり変わらない。

それで、できた作品がどれも一定の水準をクリアしている、のも皮肉な話だ。


以下若干ネタバレあり。

続きを読む

Wataru Hamasaki and Shigeo Fukuda, ”Rachel's Lament”

オススメ度 100点

レイチェルズラメント

レイチェルズラメント

浜崎航さんは、名古屋市大の医学部を卒業後、プロミュージシャンの世界に進んだ方。今では日本を代表するサックスの一人になった。
プライベートでは、海を愛し、車を愛し、最近はゴルフも愛している。
福田重男さんは、重鎮のピアニスト。洒脱、という言葉がもっともよく似合うジャズマンだろう。
伊達男二人の共演盤。

この前レコ発記念ツアーに来られていて、ライブも聴かせてもらった。
福田重男さんの、高度なインプロヴィゼーションでありながら、同時にぬくもり感もあるフレーズとボイシング。浜崎さんは、クラシックのサックスか、とも思える艶のある音色に驚かされる。ときにやさしく、ときに激しいフレージング。持ち替えたフルートも、軽やかに音を紡ぐ。二人なのに、二人だからこそ、広がりと余白を感じるサウンドである。

いや、堪能しました。すごかった。

Tom Harrellの"Sail Away"とRoland Hanna "Wistful Moment"、Bill Evansの"Comrade conrad"というゲキ渋のスタンダードと、あとはオリジナル曲。浜崎航のアルバムは、基本的に、選曲の偏差値が高い。
海に関する曲は、フルート指数が高かったなぁ…とは思いました。

Stan Getzも好きな浜崎氏は、Kenny BarronとStan Getzの"People Time"などがロールモデルにあるのかもしれない。
ピアノとのデュオアルバムが意外に多く、キャリアの要所要所で、PianoとのDuo盤をいくつも作っている。

The Single Petal Of A Rose

The Single Petal Of A Rose

イン・ア・センチメンタル・ムード

イン・ア・センチメンタル・ムード

これまた若手の俊英、片倉真由子と、Duke Ellingtonの曲ばっかりやるユニットを数年前からやっているが、今までアルバムは二枚でている。
どの曲も二人のピリピリとしたテンションが感じられ、非常にききごたえがある。

I'm Through With Love

I'm Through With Love

  • アーティスト: 堀秀彰&浜崎航 DUO,Hideaki Hori & Wataru Hamasaki DUO,堀秀彰,浜崎航
  • 出版社/メーカー: BQ Records
  • 発売日: 2012/05/17
  • メディア: CD
  • クリック: 3回
  • この商品を含むブログを見る
これまた若手の盟友、堀秀彰さんとのDuo。
堀秀彰と浜崎航は、これまた強力なリズム、高瀬裕、広瀬順次の四人で結成した”Encounter”というバンドで活動している。ワンホーンのカルテットという古典的な編成ながら、ジャズにあまり馴染みがない層にも訴求すべくサウンドを追求しているバンドだ。僕も「あんまりジャズ馴染みないんですぅ〜」という女子には、とりあえずEncounterを紹介している。わかりやすくカッコいいからだ。
このアルバムは堀さんらしさ、浜崎さんらしさが、またEncounterとは別の形で発露した好盤だ。選曲もよく、アルバムの雰囲気もよい。
halfboileddoc.hatenablog.com

Conversation

Conversation

こちらは、活動初期に作られたもの。日本在住も長い渋いピアニスト Philip Strange氏とのDuo。
スタンダード多めで、まだ発展途上感はあるが、やはり素晴らしい。

"Roy's Hard Groove"およびRoy Hargroveの足跡について

おススメ度90点
スーツにスニーカーが超クール度 100点

ロイズ・ハード・グルーヴ~ベスト・オブ・ロイ・ハーグローヴ

ロイズ・ハード・グルーヴ~ベスト・オブ・ロイ・ハーグローヴ

「ロイハー」こと、昨年急逝したRoy Hargroveのベスト盤。
この前小林洋介というプロのトランペッターの方のグループレッスンをうけたのですが、その方のRoy Hargrove愛がひしひしと伝わってきて、なんだかとても嬉しい気持ちになったので、改めて足跡を確認するために購入してしまった。

Roy Hargroveは僕がジャズを始めた学生時代に、新世代のスターとしてさっそうと登場した人。
そしてこの前、なんと49歳の若さで死んでしまった。
どちらかというと、Milesとか、Clifford Brownとかではなく、圧倒的なかっこよさと派手さから「Lee Morganの再来か」みたいに言われたことを覚えている。早逝ぶりもLee Morganっぽいことになってしまった。

新主流派みたいなのが流行りつつある時代、ジャズのレジェンドたちがゆっくりと退場し、ジャズはウィントン・マルサリス史観とでもいうべき、「アメリカの黒人史に深く結びついた歴史的音楽」という閉じた環の中でのみ意味をもつように緩やかに時代が転回していくなか、ロイハーグローブは、自分の立ち位置を、ジャズの中で、HiphopやR&Bの中で模索して生きた。

Roy Hargroveの足跡は、ここ30年くらいのJazzからHiphopに至る音楽マーケットの伸長に重なる。
時代の寵児としてJazzの枠を超えて、Acid Jazz、Funk、Rare Grooveなどの様々なジャンルに挑戦した。

それは場合によっては場当たり的に見えるかもしれない。
なんとなく、フュージョン全盛の時のFreddie Hubbardの足跡を思わせるような感じもある。
が、音楽そのものの行方がわからない現状において、精一杯、選択肢を広げるための行動であったと思う。
先駆者がいない道を、Roy Hargroveが切り開いたのは確かだ。
ロールモデルのない新たなジャンルでの活動というのは、きっと色々苦労も不安もあっただろうと思う。

例えば、ウィントンマルサリス。この人は、キャリアの初期の段階では、先輩に次々声をかけられて若手ジャズマンとして開花する(その前はジュリアードとかでてクラシックバリバリだった)も、途中から、「アフロアメリカンのルーツミュージックとしてのジャズ」という大義名分を得てからは、ある種自分の帝国を築いてしまい、現代のジャズにアクセスする姿勢は完全に失って、しかもそれを全く悪いことであるとも思わない。イデオロギーや純血性を重んじる人だ。*1
対して、ロイは、そういう安寧なところにおさまらず、自分のサウンドを、新しいサウンドと共振させて、新しい音楽に身を委ね、しかし古い音楽を捨てたりディスったりすることもなかった。帝国を統治することには関心がなく、あくまで一人のプレイヤーとしての立ち居振る舞いを大切にした人だと思う。剣道場を背負い、経営をするのではなく、あくまで剣客としての一生を全うした人だ。

だからこそ圧倒的に軽やかで、かっこいい。
やっぱりRoy Hargroveかっこいいな。

参考:
youtu.be
今回の話に出てきた小林洋介氏。カルメラというバンドでの活動で知られています。
この動画は、ややプライベートっぽい、一人のフロントマンとしての映像。

youtu.be
カルメラはこういうバンド。
スカパラからスカという縛りをなくしたような感じ。かっこいい踊れる系のインスト音楽。
こういうジャンルって今意外に競合が多い。ジャズマン、もしくはFunk frontとしての単独の仕事というよりは露出も増えるんだと思います。どんな人たちがやっているんだろうと思いましたが、一個のジャズマンとしてきちんとアドリブできないと、こういう音楽をさらりとかっこよく演奏できない、ということはよくわかりました。
ちなみに動画をご覧になればわかるのですが、ホーンセクション、特に金管はダンスステップにおいて、上下に激しく動くと唇に衝撃が加わって、唇を痛めてしまうので、どうしても上下動をおさえ、すり足になってしまうよなーと思う。
これをかっこよく見せるにはどうしたらいいんだろう。


roy hargrove quintet - strasbourg saint denis
いろんなジャンルのはざまで、自分をつらぬいたRoy Hargrove、FunkとHiphopの間みたいな立ち位置で、佳曲目白押しですが、一般的にも一番知名度が高いのが、この St.Denis Strousbourg。

*1:その意味で言えば、個人的にはパット・メセニーの方が、ジャズ的姿勢だと思う。

Jay Ashby(ジェイ・アシュビー)について

Return to Ipanema

Return to Ipanema

このCDを買ったら、Jay Ashbyがサイドメンに入っていたので取り上げてみた。
今回の記事は、そもそも届く対象が非常に狭いものだと思いますが、すいません。

* * *

Jay Ashby
日本ではあまり知名度がないトロンボニスト。
CD買いの自分のアーカイブに、ほんの時々だけ顔をみせる、はぐれメタルのようなキャラなのですが、僕には非常に印象に残るミュージシャンでした。なぜなら「こんな風に吹きたいな」という自分のイメージに、ほぼ過不足ない音だからだ。

例えば、Conrad Herwigというトロンボニスト(デイブ・リーブマンと共演したりするめっちゃコンテンポラリーな人です)には一時憧れていた時があったが、ハイノートや激早なパッセージも含めて、自分がそれを演奏しているというイメージがわかない。
youtu.be
絶対でけへんやろこんなん!


対してJay Ashbyは、基本的には歌う系のフレージング。スムース。
パッセージの早さなどは憧れるに足る存在でありながら、アクセントやイントネーションは控えめで、僕の目指しているのに近いし、フレーズは新奇さはないが、とにかく心地よい。音色も自分の好み。
自分のタイプの上位互換、と言ってもいいくらい。

Jay Ashbyについては、今回バイオグラフィーをネットで収集してみたわけですが、
・Brazilian Musicとの親和性が高い
・基本的にはマルチプレイヤー
・Producerでは、Latin-Musicで5度のグラミー受賞(すごいね!)
・オバーリン大学で講師とかしている

だそうだ。
Claudio Roditiと共演が多い印象がある。私のCDのアーカイブの中でも、Roditiがらみだった。
たとえが悪いが、B型肝炎存在下でしか感染しない、D型肝炎ウイルス(HDV)みたいなものだろうか。

Return Voyage

Return Voyage

これ、多分神戸元町の「りずむぼっくす」にてJazzのCDを大量に漁っていた時代に出会ったやつ。
音色のヌケのよさが印象的なTp/Tbによる二管の佳作。これもClaudio Roditi。サウンドは申し分ないのだが、オリジナル曲の曲名のパチモン感だけは手放しで褒められない。Whisper Yes、とか、Return Voyageとか、Jay by Jayとか。これ
こんなアルバム友達に勧めたらバカかと思われるだろ!でも内容はいい。

DOUBLE STANDARDS

DOUBLE STANDARDS

これ、購入履歴調べたら 2007年だった。もう12年も経つんだ…
Roditiがスタンダードとかやっている盤。

動画を漁ったら、結構ありましたね。
youtu.be
これは、ちょっとエイトビートのIn a sentimental mood。
こういうの聴くと、Nils Landgrenっぽい感じもしますね。
youtu.be
これは先ほどのアルバム中のオリジナル曲、Jay By Jay。ゆったりしたメロディーのファストテンポの曲という、やる方にとってはまあまあ地獄なやつ。
2分くらいからトロンボーンのソロです。
これのソロコピーしたなーと懐かしく思い出します(いやなかなかできないんですけど…)。